怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

YouTuberのまこなり社長ってどうなんだろう?

YouTuberのまこなり社長

YouTuberのまこなり社長ってどうなんだろう?

Youtubeでオススメに出てきた、まこなり社長についての考えをただ語ります。

まこなり社長とは、従業員200人の会社社長で、仕事・人生に役立つ動画をYouTubeにアップロードしている方です。

まこなり社長【仕事・人生に役立つ実践テクニック】 - YouTube

本名は真子 就有 (まこ ゆきなり) 、肩書は株式会社div 代表取締役です。

動画にはなるほどなぁ~と思う部分もある一方、この会社ってどんな会社なんだろうと思い、少しだけ調べてみました。

 

①経歴

まこなりさんの経歴は、以下の通りです。(真子就有 Yukinari Mako | まこなりの社長室より引用)

1989年生まれ。青山学院大学理工学部卒業。学生時代からエンジニアとしてITベンチャーに勤務。大学4年次、人事として新卒採用を担当。在学中に起業。

TECH::CAMP開始から1年半で5,000人以上の卒業生を輩出。

2015年11月Forbes誌「注目のUnder30起業家10人」に選出。

TECH::CAMPとはdivの提供するプログラミングスクールで、下記が説明となります。

 

TECH::CAMPはテクノロジーが主役の時代に成果の出せる人材を育成する新しいスクールです。

これからの時代に不可欠なプログラミングスキルを最高の学習環境で学ぶことが出来ます。

 

つまり、プログラミングスクールから収益を得て、世界でも注目されている若手企業家ということになるんでしょうか。

 

②株式会社divとは

創業
2012年3月22日

資本金
3億2,595万円 (2019年4月末時点)

売上や利益については、非上場で開示されていないため不明です。

社員数はアルバイトを除き188名とあります。

仮に平均年収を300万円と置くなら、人件費が5億6,400万となるので、売上規模は6億以上というところでしょうか。

divはTECH::CAMPとTECH::EXPERTが収益の柱のようです。

 

TECH::CAMPは月額14,800円のサービスなので、年間177,600円の売上、

卒業生が1年半で5,000人とあるので、1年で3,000人が利用と仮定すると、

これだけで5億3,000万の売上。

 

TECH::EXPERTは年額で598,000円のサービス。

こちらは卒業生の数が不明ですが、受講できる場所が5か所、1拠点30人と仮定すると、

8,900万の売上となります。

ちなみに2017年に第5期決算公告として当期純利益:237万円、利益剰余金:1,721万円と公開されています。

 

③YouTubeの動画について

2018年の11月より動画投稿を開始しています。

チャンネル登録者数は2019年5月25日時点で、約2.2万人です。

一番再生数が多いのは下記の動画で、19万回再生されています。

【9割の人ができない】「仕事が遅い人」がやっていないたった一つのこと - YouTube

この動画のポイントは、「アウトラインを作成すること」です。

  • アウトラインを作らないと、やり直しによる無駄な作業が生まれる
  • アウトラインの作り方は「ゴール」、「現状の課題」、「解決策」を意識する
  • ただし「ゴール」の設定は具体的にしないと意味がない

確かにと頷きたくなる動画です。

他にもこんな動画があります。

転職・就活で「成長できる環境」を求めてはいけない - YouTube

なぜ成長を求めてはいけないのかということに対し、自分の仕事に意義があるという実感を持っている人(コーリング)が、報酬や成長を求めている人(ジョブ・キャリア)よりも幸福に感じているという研究を理由に挙げています。

  • ジョブ=仕事の目的は、報酬
  • キャリア=仕事の目的は、経歴や自分の能力の向上
  • コーリング=仕事の目的は、自分の仕事に意義があるという実感

この動画の主張は、ちょっとずれているなと感じました。

まぁYouTubeのタイトルは、クリックしてもらうために少し過剰に演出された言葉が使われるというのも事実だと思います。

誰しもコーリングが理想ですが、コーリングの人も成長を手にしていないわけではないので、成長を考えないわけではないでしょう。

 

まとめ

以上が、まこなり社長についてのしがない経理マンの駄文です。

上場していない企業だと、見えない部分が多く、勝手な推測になってしまうのが、難しいところです。

YouTuberとしては優秀でも、経営者として優秀とは限りません。

しかし、こういったYouTubeによる企業のブランディング活動もより活発になっていくのだろうなぁと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。