怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【マコなり社長】マコなり社長の転職論動画がスッと入ってきたので紹介

マコなり社長の転職論動画がスッと入ってきた

【マコなり社長】マコなり社長の転職論動画がスッと入ってきたので紹介

 マコなり社長の転職動画が納得できて、面白い視点だなと思ったので紹介します。

社長YouTuberマコなり社長の、絶対に転職してはいけない会社という動画が面白かったので紹介します。

マコなり社長は、転職や社会人のキャリアに役立つ情報を発信されています。

動画はコンパクトにまとまっており、動画の最後に復習という形でテーマのまとめがあるので、かなり分かりやすくなっています。

本日はそのマコなり社長の転職に関する動画です。

結論:市場価値を上げたいなら、テクノロジーを活用して課題解決をしている会社に飛び込むべき

絶対に転職してはいけない会社

 マコなり社長の該当の動画はこちら。

 

www.youtube.com

この動画の要約としては下記となります。

  • 動画は転職の思考法という本を参考にしている
  • 市場価値を高めるには、テクノロジーを用いた課題解決をしている会社がいい
  • 市場価値は技術資産×人的資産×業界の生産性という掛け算で計算され、業界の生産性が重要なファクター
  • 今の会社に居続けて自分の市場価値が向上するかということを考える、そうでないなら伸びる市場にピボットすべし
  • もちろん、市場価値を上げることだけが人生ではない

転職の思考法が気になった方はこちらからどうぞ


このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 業界の生産性というのは、着目点として面白いなとは思いました。

動画の例としては、生産性が低い業界として、ブライダル業界や介護業界が紹介されていました。

当然、経理に限定しても同様で、やっている仕事としては似ていても、業界によって年収が上下するのが今の日本だと思います。

伸びる業界を狙って転職することが、年収を上げるヒントだと強く感じます。

その伸びる業界の会社として、テクノロジーを活用して課題解決をしている(社長にその意識がある)会社と紹介されています。

 

動画のタイトルは転職すべきでない会社となっていますが、転職する(市場価値を上げたい)ならテクノロジーを活用して課題解決をしている会社ということです。

転職すべきでないのは、業界の生産性や会社の生産性が低い会社ということになると思います。

これだけだと、あまりインパクトのない回答という感じですね。

 

これからの時代は間違いなく、テクノロジーが世界を変えていくと思います。

以前も記事に書きましたが、いかに短い時間で多くの成果を出せるかというところが重要視されるはずです。

意味のない年功序列や終身雇用制が否定される時代に、どう生きるか選択肢は本当にたくさんあります。

 

マコなり社長のDivのTECH::CAMPはこちら

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。