怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【再現性】再現性の考えは重要だが、まずは始めてみることも大事という話

再現性の考えは重要だが、まずは始めてみることも大事という話

【再現性】再現性の考えは重要だが、まずは始めてみることも大事という話

再現性は大事な考え方だけど、それだけでは動けないという話です。 

少し前に、有名な中学生ブロガー(インフルエンサー?)のキメラゴン氏が、再現性についてのツイートが面白いなと思いました。 

それは再現性は大事だけど、それが全てではないというツイートでした。

このツイートにはなるほどと思ったので、今回は再現性が大事ということと、一方でそれだけではないという話をしていこうと思います。 

試行回数を増やすことが成功につながるとは思うのですが、それを再現性に執着してしまうと良くないという意見です。

結論:再現性の高さを理解した上で、行動するけど、まずはチャレンジ

再現性と試行回数 

まずはそのキメラゴン氏のツイートから紹介します。

そもそもキメラゴン氏とはどんな人物かと言うと、中学2年生からネットビジネスで収入を稼ぐようになり、2020年時点では、月収1,000万を超えたというとんでもない中学生です。(学校は不登校で稼いでいる)

中学生でも小学生でも稼げる時代というのは、本当にすごいですね。

大事なのは、発信する内容ということなのでしょう。

 

ツイートに話を戻すと、再現性は大事だけど、そこに執着してはダメという内容です。

確かになぁとつくづく感じたので、少し深堀りしてみようと思います。

 

再現性とは?

再現性とは、同じことをやって、同じことができるかという意味です。

ja.wikipedia.org

例えば、日商簿記2級を取るための勉強法というのがあったとして、その勉強法は実務で経理をやっている人向けなのか、一切経理をやったことのない人向けかによって再現性が変わります。

仮に、経理の人向けの勉強法なら、営業マンには制限性が低い方法となるでしょう。

誰がやっても成果(結果)が残せる方法というのが、再現性が高いと言えるのです。

再現性が低い方法をとっても、結果は出ないので、時間の無駄ということになってしまうということです。

 

私が再現性という言葉を知ったのは、以前も紹介していますが、下記の本です。


東大家庭教師の 頭が良くなる思考法 (中経の文庫)

www.finance-accounting-value.com

つまり、何か達成したいという目標がある時には、再現性の高い方法でチャレンジした方が、成果が出せるよということなのです。 

この点に関しては、頭でも理解しやすく、特に反論はないのかなぁと思います。

 

再現性の概念は大事だけど 

再現性の考え方は大事だけど、それだけに囚われてはいけないのです。

そもそも再現性というのは、ある種机上の話です。

サイコロを振って、普通のサイコロなら1が出る確率は1/6です。

つまり6回振れば、1が出る可能性が高いです。(もちろん必ず出る訳ではありませんが、試行回数を増やせば、それに近い確率で1が出ます。)

 

これを現実世界で考えると、また少し違ってきます。

例えば、YouTuberとしてチャンネル登録者1万人を達成する方法があるとして、その方法は実際に1万人を達成した人が考えます。

しかし、事態というのは刻々と変化しているのです。

当時は使えたテクニックだけど、今は使えないということもあるでしょう。

また、YouTubeの競争はどんどん激しくなっているので、その方法では競争力がなくチャンネル登録者が増えない可能性もあります。

そんな未来にでも、同じことが確実に達成可能な方法なんて存在しないでしょう。

日々、需要と供給というのは変化しています。

つまり再現性というのも、変化していくのです。

再現性の高い方法は大切ですが、それが未来においてもそうとは限らないのです。

 

試行回数を増やす

再現性の高い方法を追い求めるだけでは、成功は難しいのかもしれません。

なぜなら再現性は変わるからです。

再現性という概念の理解は重要ですが、それだけではなく試行回数を意識した方がいいのかもしれません。

とにかくチャレンジしてみるのです。

人によって、再現性というのは変わる可能性もあります。

根気強い人には向いているとか、面倒くさがりでも出来るという方法もあるでしょう。

それは本人によって変わることでもあるし、まず試してみないと一生分かりません。

試してみて、ダメだと思えば別の方法を試すでいいのです。

どの方法が確実かな?と比較することが悪いことではないですが、情報が多ければ多いほど正確な判断が出来るとは限りません。

 

再現性が高いということは、誰でも出来るので、競争力がない可能性が高いです。

資格の勉強法ならそれでいいのでしょうが、例えば副業としてこんなビジネスがありますという場合には注意が必要です。

巷には、この方法が再現性が高いと主張して、小銭を稼ごうという輩もいますので、十分に注意しましょう。

 

ということで、再現性だけに囚われずに、まずは行動しようという話でした。(再現性が高いという言葉だけに騙されないようにしましょう)


0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。