ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【KOK】KING OF KINGS 2020 西日本予選 at TRIANGLEの結果と感想(オンライン)

【KOK】KING OF KINGS 2020 西日本予選 at TRIANGLEの結果と感想(オンライン)

【KOK】KING OF KINGS 2020 西日本予選 at TRIANGLEの結果と感想(オンライン)

KOK西日本のチャンプは誰が取るのか、あれだけ盛り上がった東日本予選を見ると、西日本を見ないわけにはいかない。

鎮座DOPENESSの圧倒的な存在感だった東日本予選はこちら。

www.finance-accounting-value.com

ちなみに去年(2019年)のKOK西日本予選は2回開催されて、MU-TONとHI-KING TAKASEが優勝していました。

今回も出場していたのはHI-KING TAKASE。

ZAIKOでのオンライン観戦していたのですが、本編の配信前に東日本予選の一部が流れていました。(ベストバウトの鎮座DOPENESS vs ACEの延長前、もしかしたらYouTubeに動画が上がる?)

前日開催の口喧嘩祭スペシャルにも出場したMCも多く、7名が連チャンでのバトルとなります。

口喧嘩祭からの期待値としては、準優勝のS-kaineにかかる期待は大きそうです。

www.finance-accounting-value.com

結論:優勝はBASE

KING OF KINGS 2020 西日本予選 at TRIANGLE

開催日は11月1日(日)。

開催場所は大阪のTRIANGLE。

やはり東京と比較すると、お客さんの数(キャパ)としては少ないように見えた。

出場MCは16名で、優勝者のみKOK本戦のチケットを手に入れる。

判定は東日本予選同様、下記の3名の審査員がジャッジ。

ERONE(韻踏合組合)、FORK(ICE BAHN)、漢 a.k.a. GAMI。

DJは2名で、DJ PANASONIC、DJ 5-ISLAND。

 

第1ラウンド-ベスト16-8試合(8×3)

4試合をDJ 5-ISLANDが担当

1. がーどまん vs ◯ふぁんく(ビート:韻踏合組合 / REAL GOLD、審査員:全員後攻)

※2年前のKOK予選決勝でもやりあった両者、前回はがーどまん勝利

2. ◯HI-KING TAKASE vs CROWN-D(審査員:全員先攻)

3. ◯KBD vs MC frog(審査員:全員先攻)

4. Ryo vs ◯FEIDA-WAN(審査員:全員後攻)

審査員コメント

ERONE:知っているMCが多いだけに足りないところが見えた

FORK:FEIDA-WANの1バース目のアンサーが素晴らしかった

漢 a.k.a. GAMI:バトルライムとバトルっ気の戦い、FEIDA-WANの覚醒感が良かった

 

ここからDJ PANASONIC

5. MC松島 vs ◯BIG MOOLA(ビート:Shurkn Pap (MaisonDe) / Road Trip、審査員:全員後攻)

※今思うと、審査員ERONEとMC松島の組み合わせ

www.finance-accounting-value.com

6. Sonic'K vs ◯BASE(ビート:DJ RYOW / ビートモクソモネェカラキキナ、審査員:全員後攻)

7. K-razy vs ◯CIMA(審査員:漢→後攻、F→後攻、E→先攻)

8. HARDY vs ◯S-kaine(ビート:韻踏合組合 / ラッパーズ・チャンプル、審査員:全員後攻)

※昨日の口喧嘩祭でも戦った両者、昨日も勝ったS-kaine 

審査員コメント

漢 a.k.a. GAMI:HARDYのスタイルも良かったけど、S-kaineの色気が増した

FORK:まずアンサーが欲しかったSonic'K

ERONE:真心とお袋のBASEの上手さ、僅差でK-razyに上げた

 

第2ラウンド-ベスト8-4試合(8×3)

ここからDJ 5-ISLAND

1. ふぁんく vs ◯HI-KING TAKASE(審査員:全員後攻)

2. KBD vs FEIDA-WAN(審査員:漢→延長、F→先攻、E→後攻)

→【延長】FEIDA-WAN vs ◯KBD(審査員:全員後攻)

 

ここからDJ PANASONIC

3. BASE vs BIG MOOLA(審査員:漢→延長、F→先攻、E→後攻)

→【延長】BIG MOOLA vs ◯BASE(審査員:漢→後攻、F→後攻、E→延長)

4. S-kaine vs CIMA(審査員:漢→後攻、F→延長、E→延長)

→【延長】◯CIMA vs S-kaine(ビート:Awich / WHORU?、審査員:漢→先攻、F→先攻、E→延長)

審査員コメント

ERONE:CIMAとS-kaineがベストバウト、どちらも延長になった、声の通りも大事だった

FORK:生感の良さ、響きの部分でも差が出た、均衡している試合多め

漢 a.k.a. GAMI:HI-KING TAKASEのスタイルがノッている、BASEもしつこい、かっこいいデブなら嬉しい、BIG MOOLAに同情票を入れそうになった

 

準決勝(8×3、DJ 5-ISLAND)

1. KBD vs ◯HI-KING TAKASE(審査員:全員後攻)

2. CIMA vs BASE(審査員:漢→延長、F→延長、E→先攻)

→【延長】BASE vs CIMA(審査員:漢→先攻、F→延長、E→後攻)

→【再延長】CIMA vs ◯BASE(審査員:漢→後攻、F→先攻、E→後攻)

審査員コメント

漢 a.k.a. GAMI:BASEとCIMAいい相撲だった、複雑なネタだった

FORK:BASEとCIMA1本目からすごいやり取りだなと思った、3本目はBASE勝ちでも納得

ERONE:BASEは筋道を作るのが上手い

 

決勝(8×4、DJ PANASONIC)

HI-KING TAKASE vs ◯BASE(ビート:TAB001 / 禁断の惑星、審査員:漢→先攻、F→後攻、E→後攻)

優勝はBASE!

去年の予選優勝のHI-KING TAKASEを破ったBASE。

審査員コメント

ERONE:決勝はBASEが強かった

FORK:BASEは精神的なマウントのとり方がすごかった

漢 a.k.a. GAMI: 今日のHI-KING TAKASEは良かった、分かりやすさという技、BASEのデブネタが引っかかった?

 

感想

2回戦以降は非常に、延長が多くなった混戦の大会となりました。

その中で、名古屋から参戦した BASEが予選を制しました。

やはりどの戦いでも余裕を見せた、いつものBASEという感じでした。

CIMAとの再延長を制して、それが大きかった気もします。

ビートもいいビートが多く、やっぱりKOKは予選も面白いです。

負けてはしまいましたが、HI-KING TAKASEのポンポンとライムが出てくるスタイルも良く、素晴らしい決勝でした。

今回は負けたMCの喋りは一切なく、そこは何かメッセージが欲しかった感じはありました。 

 

現時点のファイナリスト決定者は、下記の8名(全16名)です。

  1. Authority(戦極21章)
  2. 輪入道(真ADRENALINE20年3月)
  3. Rabbit(戦極U-22REVENGE)
  4. SKRYU(戦極U-22秋の祭典)
  5. 鎮座DOPENESS(東日本予選)
  6. RAWAXXX(戦極21.5章)
  7. SILENT KILLA JOINT(口喧嘩祭)
  8. BASE(西日本予選)

残りの日程は下記となっています。

11/29:KMB

12/6:LEGALIZE

12/13:SPOTLIGHT

12/26:戦極22章

日程未定:サイプレス上野主催のエンターダステージ 

今回はプレーオフは開催しない感じなんですかね。

上記の大会で5名、残りの3名はどうやって決めるのかは分かりません。→9sari選抜を3名選ぶようです。

 

来年の本大会もめっちゃ楽しみです。


KING OF KINGS 2018-GRAND CHAMPIONSHIP FINAL- [DVD]

 

※MCバトルの他の大会の結果まとめのためのページです。

www.finance-accounting-value.com

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。