ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【KOK】KING OF KINGS 2020 GRAND CHAMPIONSHIP FINALの結果(オンライン観戦)

【KOK】KING OF KINGS 2020 GRAND CHAMPIONSHIP FINALの結果(オンライン観戦)

【KOK】KING OF KINGS 2020 GRAND CHAMPIONSHIP FINALの結果(オンライン観戦)

KING OF KINGS 2020 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL 

KOK2020ファイナルの結果をまとめます。

配信の値段は3,850円とちょっと高いです。

しかし、300万という優勝賞金を考えれば安いのかもしれません。

最初配信はないのかと早とちりしましたが、全員確定した段階で配信もありと発表し安心しました。 

ファイナリスト出場者のトレーラーも面白く、背景が分かるとドラマティックです。

東日本予選の結果はこちら。

www.finance-accounting-value.com

西日本予選はこちら。

www.finance-accounting-value.com

レンタルはなんと509円で見れます。

amzn.to

結論:優勝は呂布カルマ

大会概要 

開催日は2021年1月9日(土)。

開催場所は豊洲PIT(緊急事態宣言を受け、観客も少なめらしいがかなり多く見えた)。

優勝賞金は300万円。

司会はMASTER。

審査員は下記の4名。(今回はZEEBRAは不在)

  • ERONE
  • FORK
  • KEN THE 390
  • DARTHREIDER

歓声はなしで観客判定を1ポイントと、審査員の1名の判定が1ポイントの計5ポイントで勝者が決定といういつものシステム。 (3ポイント以上で勝利)

観客判定は判定員が2名いて、これを見てMASTERが判定。

LiveはSHINGO☆西成。

DJはKOPEROとZAI。

勝負は全て8×4。

トーナメントは運営が決めるパターン。

ベスト16

DJ KOPEROが4試合担当

DJ KOPERO STAGE

1. ◯RAWAXXX vs Authority(観客:先攻、審査員:全員が先攻)

※まさかの前年の決勝が1回戦で実現、今回もRAWAXXXが勝利、Authorityは最後のバースの着地が上手く行かずかなり悔しそうだった

ksmn STAGE

2. Luvit vs ◯崇勲(観客:後攻、審査員:全員後攻)

 

INYOBP30 STAGE

3. 句潤 vs ◯MU-TON(観客:後攻、審査員:FORKのみ先攻、残りは後攻)

Classic Beats STAGE

4. ◯鎮座DOPENESS vs SKRYU(観客:先攻、審査員:全員先攻)

 

ここからDJ ZAI

DJ ZAI STAGE

5. 輪入道 vs BASE(観客:先攻、審査員:D→後攻、K→ドロー、F→ドロー、E→先攻)

→【延長】BASE vs ◯輪入道(観客:後攻、審査員:D→後攻、K→後攻、F→ドロー、E→後攻)

DJ itaru STAGE

6. Maiji vs SILENT KILLA JOINT(観客:ドロー、審査員:D→先攻、K→ドロー、F→後攻、E→先攻)

→【延長】SILENT KILLA JOINT vs ◯Maiji(観客:後攻、審査員:D→先攻、K→後攻、F→後攻、E→先攻)

 

法斎BEATS STAGE

7. ◯呂布カルマ vs S-kainê(観客:後攻、審査員:D→先攻、K→先攻、F→先攻、E→後攻)

STYNG Beatz STAGE

8. SIMON JAP vs ◯漢 a.k.a. GAMI(観客:後攻、審査員:D→後攻、K→後攻、F→ドロー、E→先攻)

 

※審査員コメント

ERONE→接戦ばかりで、鎮座DOPENESSがすごかった

FORK→僅差で、句潤・MU-TONはすごいバトルだった、漢とSIMONのあの感じ 

KEN THE 390→観客と逆だと緊張する

DARTHREIDER→MC同士が仲良くなって、探り探りのバトルもあった

 

ベスト8

DJはKOPERO

DJ PANASONIC STAGE

1. ◯RAWAXXX vs 崇勲(観客:ドロー、審査員:D→先攻、K→先攻、F→ドロー、E→先攻)

peko STAGE

2. MU-TON vs ◯鎮座DOPENESS(観客:後攻、審査員:D→先攻、K→後攻、F→先攻、E→後攻)

※口喧嘩祭でも戦った両者、前回はMU-TONが勝利、かなり鎮座DOPENESSがバチバチ系だった

 

ここからDJ ZAI

LORD 8ERZ STAGE

3. Maiji vs ◯輪入道(観客:後攻、審査員:全員後攻)

mass-hole STAGE

4. 呂布カルマ vs 漢 a.k.a. GAMI(観客:先攻、審査員:D→後攻、K→ドロー、F→ドロー、E→先攻)

→【延長】 漢 a.k.a. GAMI vs ◯呂布カルマ(観客:後攻、審査員:全員後攻)

※審査員コメント

ERONE→延長にしたいのが多かった、当日のストーリーがある

KEN THE 390→Maijiのラップが良かった

 

準決勝

DJ KOPERO

呼煙魔STAGE

1. RAWAXXX vs ◯鎮座DOPENESS(観客:後攻、審査員:D→後攻、K→後攻、F→ドロー、E→後攻)

※RAWAXXXが笑いをこらえていた

 

DJ ZAI

LIBRO STAGE

2. 呂布カルマ vs 輪入道(観客:ドロー、審査員:D→ドロー、K→ドロー、F→先攻、E→先攻)

※比較的ピースな試合

→【延長】輪入道 vs 呂布カルマ(観客:ドロー、審査員:D→先攻、K→後攻、F→後攻、E→先攻)

※判定終わってからニンニク注射打つと言って、少しだけステージからいなくなった呂布カルマ

→【再延長】 ◯呂布カルマ vs 輪入道(観客:先攻、審査員:D→後攻、K→先攻、F→先攻、E→先攻)

※審査員コメント

FORK→RAWAXXXがスイッチは入らなかったが、鎮座DOPENESSの上手さとも言える

本当に僅差、呂布カルマはイカれている

DARTHREIDER→鎮座DOPENESSがMU-TON戦から生き返ってきた

呂布カルマもすごかった

決勝

DJ KOPERO

DJ PMX STAGE

鎮座DOPENESS vs ◯呂布カルマ(観客:後攻、審査員:D→ドロー、K→後攻、F→後攻、E→後攻)

※UMB TCIY2020準決勝でも戦った両者、前回は鎮座DOPENESSが勝利

優勝は呂布カルマ!

KOK2018以来の2回目の呂布カルマの優勝に。 

 

※審査員コメント

KEN THE 390→輪入道の延長戦が呂布カルマを強くした

DARTHREIDER→決勝は延長にした、DARTHREIDERは俺の親父だから俺に挙げないと呂布カルマからツッコミ

FORK→バトルとしては呂布カルマの刺しに行く姿勢が良かった

ERONE→ゴリゴリのバトル性が呂布カルマの王たる所以

感想

KOKならではのメンバーで豪華でした。 

UMB2020グラチャンの準決勝の句潤、KOK2019の準優勝のAuthorityが1回戦で負けるなど、ビッグネームばかりでした。

ベスト4は納得のメンツで、もしかしたらUMBTCIYの決勝と同じカードになる可能性もありました。

9sari選抜としての出場でしたが、呂布カルマやはり強いなと感じた大会でした。

バトル中もかなり真剣な表情で、相手のバースをしっかり聞いていた印象でした。

2021年も呂布カルマが引っ張っていくそんな意気込みが見えました。

鎮座DOPENESSも相変わらずの強さで、決勝進出も納得でした。

KOK2021もスタイルが変わるようで、それも楽しみです。 


四次元HIP-HOP

 

そういえば今回は賭けも出来たようで、AとBどっちが優勝する?というものでした。

トーナメントでAとBが別れ、決勝でABが戦う仕組み。

Aの代表の鎮座DOPENESSを破り、Bの呂布カルマが優勝でした。

A

RAWAXXX

鎮座DOPENESS

Authority

Luvit

SKRYU

句潤

MU-TON

崇勲

 

B

漢 a.k.a. GAMI

輪入道

SIMON JAP

SILENT KILLA JOINT

BASE

Maiji

呂布カルマ

S-kainê

これも事前に楽しめる要素だったでしょう。

 

その他の大会の結果まとめはこちらです。

www.finance-accounting-value.com

ここまでお読みいただきありがとうございました。