ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【KOK】KING OF KINGS 2020 東日本予選 at HARLEMの結果と感想

【KOK】KING OF KINGS 2020 東日本予選 at HARLEMの結果と感想

【KOK】KING OF KINGS 2020 東日本予選 at HARLEMの結果と感想

見るか迷ったけど、最高の予選だった!

今回はKOKの東日本予選を振り返ります。

鎮座DOPENESSの久々のバトルかつ、相変わらずの豪華な出場MCで、予選なのがもったいないバトルです。 

16時開始に間に合わなかったので、一部追記する可能性があります。

KOK2019本戦の結果はこちら。

www.finance-accounting-value.com

こちらから、配信が見れます。(購入できる時間が残りわずか)

eplus.jp

結論:優勝は鎮座DOPENESS

KING OF KINGS 2020 東日本予選 at HARLEM

開催日は2020年10月11日(日)。

開催場所はHARLEM。

司会はMASTER。

ジャッジは漢 a.k.a. GAMI、FORK、ERONE。

判定は審査員のみ。

出場MCは16名。

DJはKOPERO、ZAI。

優勝者に本戦出場の権利が与えられる。

本戦は、2021年1月9日(土)、豊洲PiTで開催予定。

観客もいて、かなりMCとの距離が近い感じだった。

第1ラウンド-ベスト16-8試合(8×3、ビートはDJKOPERO、ZAIが4試合毎担当)

1. Randy Wati Sati vs ◯梵頭(審査員:漢→後攻、F→後攻、E→先攻)

※KOK2019でも戦った両者(前回も梵頭)

 

2. ◯MULBE vs ハハノシキュウ(審査員:漢→後攻、F→先攻、E→先攻)

 

3. PONEY vs BALA SBKN(JAZZっぽいビート、審査員:漢→延長、F→先攻、E→延長)

→【延長】BALA SBKN vs ◯PONEY(審査員:漢→後攻、F→後攻、E→先攻)

 

4. MASARU vs 句潤(審査員:漢→延長、F→延長、E→後攻)

→【延長】◯句潤 vs MASARU(審査員:全員先攻)

 

※ここから4試合の審査員コメント

ERONE:10-7が最大だけど、僅差が多い

FORK:PONEYが印象的だった

漢 a.k.a. GAMI:MASARUと同い年で、MASARUも良かったが句潤も良し

 

ここからDJZAI

5. ◯鎮座DOPENESS vs 黄猿(審査員:漢→延長、F→先攻、E→先攻)

※久々のバトルの鎮座DOPENESS、戦極の有名な組み合わせがここで実現

 

6. SNAFKN vs ◯ACE(審査員:漢→後攻、F→後攻、E→先攻)

※またもKOK2019の再戦に、前回はSNAFKNが勝利

 

7. DANIEL a.k.a. 464underground vs ◯阿修羅(審査員:全員後攻)

 

8. D.D.S vs ◯SIMON JAP(審査員:漢→後攻、F→後攻、E→延長)

※いつかのKOK予選でもやった両者

 

※ここから4試合の審査員コメント

漢 a.k.a. GAMI:黄猿の巧みなスキルと、鎮座DOPENESSの生き生きした姿

FORK:黄猿は今までで一番良かった、鎮座DOPENESSもすごかった

ERONE:ポイント付けるところが多い、D.D.Sと阿修羅のフィジカルが良かった

 

第2ラウンド-ベスト8-4試合(8×3、KOPEROとZAIが2試合ずつ)

1. ◯MULBE vs 梵頭(審査員:漢→先攻、F→先攻、E→後攻)

 

2. PONEY vs ◯句潤(審査員:漢→先攻、F→後攻、E→後攻)

※クリティカルヒッターズでコンビを組んだこともある二人

 

ここからDJ ZAI

3. 鎮座DOPENESS vs ACE(審査員:漢→先攻、F→延長、E→延長)

※ベストバウト、最近のACEは、少しスタイルが変わって良くなった気がする

→【延長】ACE vs ◯鎮座DOPENESS(審査員:全員後攻)

※延長も最高のベストバウト、鎮座DOPENESSのフローが格違い、今まで見たバトルの中でもトップクラスの心地良さ

鎮座DOPENESSの最後のヴァースが会場を揺らしてた。

 

4. 阿修羅 vs ◯SIMON JAP(審査員:漢→先攻、F→後攻、E→後攻)

 

※ここから4試合の審査員コメント

ERONE:阿修羅はリスペクトから入ったのはもったいなかった

FORK:梵頭が僕って言うのが怖い

漢 a.k.a. GAMI:阿修羅戦はSIMON JAPだったのに間違えた、鎮座DOPENESSはモード入ると止められない

 

準決勝(8×3、DJKOPEROが2試合担当)

1. MULBE vs ◯句潤(審査員:漢→後攻、F→後攻、E→延長)

 

2. ◯鎮座DOPENESS vs SIMON JAP(審査員:漢→延長、F→先攻、E→先攻)

※いつかの16万争奪バトル(2012年?)で対決した二人、判定に疑問を投げかけたSIMON JAP

 

※審査員コメント

漢 a.k.a. GAMI:鎮座DOPENESSが昔話をしたのは意外だった

FORK:鎮座は僅差だった、句潤も僅差

ERONE:句潤のテクニカルさも光っていた

 

決勝(8×4、ビートはDJZAI)

◯鎮座DOPENESS vs 句潤(審査員:全員先攻)

※句潤も珍しく、調子を狂わされていたように見えた

優勝は鎮座DOPENESS!

 

※審査員コメント

ERONE:鎮座DOPENESSのアタック感が強かった、鎮座がトーナメントで抜けていた

FORK:句潤の引き戻そうとする動きを、鎮座DOPENESSが上回った

漢 a.k.a. GAMI:ふざけて喋ってるだけのHIPHOPがすごい、昔から変わらない、攻撃は忘れない男

感想

本当に、2,000円が安い最高の予選でした。

面白いバトルが多く、24時間限定アーカイブでもう一度見ようと思います。

ビートもMCに合っているものが多く、シンプルに癖になる感じです。

審査員コメントも参考になり、このシステムもいいです。

観客判定がついていれば、さらにいいのでしょうが、この状況では仕方がないでしょう。

 

鎮座DOPENESSの来年の本戦も、非常に楽しみです。

来月には大阪で西日本予選が開催されます。

本戦には下記が決定済

  • Authority(戦極21章)
  • 輪入道(真ADRENALINE、20年3月)
  • Rabbit(戦極U-22REVENGE)
  • SKRYU(戦極U-22秋の祭典)

その他下記の大会の優勝者が本戦に出場予定のようです。

  • 10/24 戦極21.5章
  • 10/31 口喧嘩祭り
  • 12/6 LEGALIZE
  • 12/13 SPOTLIGHT
  • 12/26 戦極22章
  • KMB(小倉MCバトル)

ただし、戦極は今年まででこの優勝者にKOK出場(希望者)というスタイルを止めるとのこと。

 

多分、西日本予選も見ると思います。


洗脳 (feat. DOGMA & 鎮座DOPENESS) [Explicit]

 

過去大会のまとめページです。

www.finance-accounting-value.com

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。