怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

やりたいことなんてなかった2浪男の就活

何とか終わった浪人を経て、晴れて大学生になるも別にやりたいこともなく、就活シーズンに。

 

就活する前に思ったのは、ホワイト企業に行きたい、それだけでした。

世の中には2種類の仕事があると思っていて

一つは年収と業務のきつさが合っている仕事と、合っていない仕事です。

大概の仕事は年収ときつさが比例していると思います。

例えば銀行とか証券や商社はしんどいけど年収は高い。メーカーならしんどさはマシになるが年収がちょっと下がる。

個人的には外食や介護業界はハードなのに年収が伴わないような気がして、これが年収と業務のきつさが合っていない仕事です。

 

ということでそやりたいことがこれといってなかったので、

それなりホワイトのメーカーに狙いを定め就活をしました。

 

もちろん部活には入ってなかったので、できる話はアルバイトかゼミの研究しかありませんでしたが笑

 

しかし道は険しくとにかく落ちてばかり。

結局、非上場のメーカーと上場会社のメーカーに夏に内定を貰い、就活終了。売上の規模の大きい上場してる方を選択。

 

就活で学んだこと

  • 文系2浪はそんなに不利だとは感じなかった
  • やっぱり体育会系は強い
  • アルバイトは長く続けた方がエピソードとしては強い
  • お祈りされてもこの企業は見る目ないな~でOK
  • 早めに動き出して面接の経験を積むべし