怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

名選手、名監督にあらず

スポーツ界では、よくこのような言葉が使われ、プレイヤーとマネージャーは求められる能力が違うとされている。

 

もちろん、社会人にもこれは当てはまると考える。

バリバリ業務ができる人間が、管理職としてマネジメントがうまいかというと必ずしもそうでもない。

 

逆に業務をこなすレベルが最高でなくとも、組織のマネジメントがうまい人間も存在する。

 

日本の会社は働き方改革などを通して、属人的な業務がなくなり、標準化の流れになっている。標準化が進めば、マネージャーに求めれる役割も変わり、マネジメント能力がより重視されると思う。

終身雇用も徐々に薄れ、あくまでもマネジメント能力がある人間が上に立つ。

そんな当たり前のことが当たり前になっていく時代になるのだと感じている。

 

今日の学び

  • 年下だろうが、学びべきところは謙虚に学ぶ
  • 自分の仕事を上司視点で考えてみる