怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【プルデンシャル】プルデンシャル生命の人に東京の新橋でスカウトされかけた話

プルデンシャル生命の人に東京の新橋でスカウトされかけた

【プルデンシャル】プルデンシャル生命の人に東京の新橋でスカウトされかけた話

経理マンがスカウトされただけの話です。

プルデンシャル生命保険という会社をご存知でしょうか。

プルデンシャルは外資系の生命保険会社で、営業の人は年収が高いことで有名です。

本日は、そんなプルデンシャル生命保険の人に、東京で誘われた話です。

結論:スカウトされかけたけど、話は聞かなかった。 

プルデンシャル生命保険とは 

繰り返しになりますが、プルデンシャル生命保険は外資系の生命保険会社です。

営業の方の平均年収は約1,400万円で、さらに役職が付いたり、営業成績が優秀なら5,000万を超えるとか。

これだけ年収が跳ね上がる理由としては、営業はフルコミッションで、契約が年収に直結しているからです。

 もちろん、この会社には優秀ではない人もいて、年収200万レベルの人もいるとか。

そういう人は当然、すぐ辞めていくので、プルデンシャルで生き残っている人はかなり優秀だとか。

 多分、自分に声をかけて来たのは売れない営業マンだったのでしょう。

 

プルデンシャルからスカウト

スカウトされたその日は、東京出張の翌日の土曜日だった気がします。

金曜は1泊して、土曜に昔の友だちと新橋で飲んでいました。

その後、帰るかーと新橋の改札に入るぐらいで男の人に声をかけられました。 

細かい部分は忘れてしまいましたが、男の人はプルデンシャルと名乗りました。

友達はプルデンシャルを知らなかったようで、面倒くさいと思ったのでしょう、早く切り上げたい感じでした。

個人的には、プルデンシャルの営業力ってどんなもんなんだろうと思い、話を聴きたかったのですが、諦めました。

そもそも、自分と友人どちらを(または両方?)誘うつもりだったのかすら、分かりませんが笑 

 

今は、元プルデンシャルの人のブログを見つけるのも簡単ですし、便利な時代です。

大阪に帰ってから、プルデンシャル生命のことをネットで調べたのを覚えています。

もちろん、私のような経理マンには向いていないのは明らかなのですが。 

 

やっぱり東京にはチャンスが転がっている?

その時に思ったのは、やっぱり東京ってデカイよな~ということです。

大阪で普段生活して、多分こんなことはないと思います。

当然、大阪も大きい都市ではありますが、やっぱり東京は特別だよなと感じます。

一度は東京で仕事してみたいなぁ~という気持ちもありましたが、どうやらそれは叶わない願いになりそうです。

 

チャンスが多いというのは、裏を返すと競争が激しいということでもあります。

そう考えると、東京以外というのも悪くはないのかもしれません。

何より電車の混雑具合を考えると、本当に嫌になります。

 

理想のキャリアは東京で何年か働いた後に、地方の大きめの都市に行くというパターンなのかもと思ったりします。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。