怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【ポジティブ思考とは】究極的に楽天的な人は成長しないのか

究極的に楽天的な人は成長しない

【ポジティブ思考とは】究極的に楽天的な人は成長しないのか

 楽天的な人は成長しないのかという話です。

 私は、自他ともに認める楽天的な経理マンです。

ただ高校生の時に、担任の先生から言われた言葉が印象的でした。

その言葉を振り返りながら、楽天的(ポジティブ思考)について考えてみます。

結論:楽天的過ぎると成長はできない

 

高校時代の思い出

高校生の時、担任の先生と面談してた時にこう言われました。

「悩みがない人間は成長しないぞ」

その当時、自分には悩み自体はあったと思いますが、多分どうでもいいことだったのでしょう。

先生としては、自分がいつも悩みがなさそうに生きていて、激励のつもりで言ったのかもしれません。

当時から楽天的で、悩んでも仕方ない!何とかなるかといつでも思っていました。

この悩みが人を成長させるという考え方は面白いと、当時は思いましたが特にそこからは進展はありませんでした。

 

究極的に楽天的なら成長しない

楽天的なら、どんなことでもポジティブに捉えることができます。

例えば、テストでクラス最下位をとったとしても、まぁいっか。

大学受験しても、浪人すればいいや。

TOEICの点数が悪くても、こんなテストに意味はないから問題ない等々。

 

逆に考えると、コンプレックスが人を成長させるエンジンなのかもしれません。

貧乏だから、もっとお金を稼ぎたいと思って努力するとか。

負けず嫌いだから、スポーツでも向上心を持って取り組むとか。

マイナス思考からスタートしても、それが結果につながるなら問題はありません。

 

一説によると、何かを実現したいから頑張るという思考と、何かを失いたくないから頑張るという思考なら、前者の方が成功する確率は高いようですが。

 

楽天的なだけでは成功にはつながらないのかもしれません。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。