怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【有料note】初めて有料noteを買ってみての感想

【有料note】有料noteを買ってみての感想

【有料note】有料noteを買ってみての感想

初めて有料noteに手を出してみての感想です。

noteというサービスをご存知でしょうか。

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービスです。

つくった作品(ノート)は、通常のブログやSNSなどと同様に無料で公開することもできますし、手軽に売り買いすることも可能です。

要は個人でも簡単に情報発信ができ、有料でも販売ができるツールです。

今回は、初めてお金を出してnoteを買ってみたので、感想を書いてみます。(詳細な中身を書くことは出来ないので、あくまでも感想です。)

結論:情報にアクセスするまでの時間は早い

気になっていた有料note

ちなみに有料noteには大したことは書いていなかったと、年収チャンネルの植本涼太郎氏はとある動画で語っていました。(このnoteを見たかは不明です)

今回購入したのは、安達裕哉氏のwebライターとメディア運営者の、実践的教科書です。

note.com

お値段は月額スタイルで2,100円です。 

月額購読ではなく、買い切りのnoteも安達氏以外の著者ならあります。

ブログを書いている身としては、面白そうな記事が多かったので購入してみました。

ちなみに無料でも一部読めるので、無料部分を読んでみて判断することも出来ます。

 

注意点

これは、ちゃんと注意書きを読んでいなかったからかもしれませんが、締日が月末でした。

3月の下旬に購入したのですが、次回更新が4/1となっていてびっくりしました。

てっきり1ヶ月分(30日か31日)になっていると思っていましたが、決済が終わって見てみるとあと10日もないことに気が付きました。

どうせなら4/1などの月初に購入する方が、お得と言えそうです。

決済はクレジットカードが使用出来て、本当にすぐに読めるようになります。

 

感想

現時点で33記事もあって、一気に読みましたが、確かに面白いです。

書き手の安達氏の書き方が素晴らしいというのもあり、本当に読みやすい記事ばかりです。

オウンドメディアのテーマというのは、個人ブログとは少し領域が違いますが、参考になりました。

書籍紹介みたいな記事もあったりで、何冊か本は購入しました。 

【19】Books&Appsで取り上げた、文章力と知恵を提供してくれる書籍15冊。

購読に必要なお金は2,100円なので、一冊本を買うようなものでしょう。

参考になった部分はノートなりにまとめておけば、いつでも確認できます。

自分は一ヶ月(実質10日)で解約しました。

ちなみに、解約しても31日までは閲覧可能です。(即、見れなくなるわけではありません)

月に2本ずつ新しい記事が更新されるわけで、値段がそのままなら待っていた方が得になるとも言えます。(1ヶ月待てば読める記事が2本増えて、値段が同じです)

 

記事には若干の誤字脱字があったのは、少し意外でした。

買う前の期待値を超えたかと言われるとNoですが、有料noteってこんな感じなんだと理解出来たのは良かったです。

 

有料noteではなくても、面白い記事がたくさんBooks&Appsにはありますので、こちらで色々な記事を読むのが楽しいです。

blog.tinect.jp

 

色々な本を買ったので、また書籍レビューしていこうと思います。


身銭を切れ 「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。