ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【ブログ毎日更新】1年間、365日更新した感想と3月の振り返り

【ブログ毎日更新】1年間、365日更新した感想と3月の振り返り

【ブログ毎日更新】1年間、365日更新した感想と3月の振り返り

遂に、 2019年3月末から始めたブログが毎日更新で1年間更新出来たので、振り返ります。

いつものように3月のブログの振り返りをしていきます。

2月の振り返りはこちらです。

www.finance-accounting-value.com

今月は特に意味がある月で、遂にブログ毎日更新で365日記事更新を達成しました。 

ブログを始める前は、毎日更新して1年間続けるというのは、達成できないだろうと思っていましたが、結果継続できて嬉しいです。

3月の振り返りと、1年間継続した感想を書いていきます。

結論:やってみると意外と出来て、達成感がある

①アクセス数

3月のアクセス数は微増という感じでした。

2月は戦極21章を見に行って、その記事のアクセスが多かったですが、3月は凱旋冬の陣の記事とUMB2019の記事、戦極21章の記事が伸びた気がします。

戦極21章の記事

www.finance-accounting-value.com

 凱旋冬ノ陣の記事

www.finance-accounting-value.com

UMB2019の記事

www.finance-accounting-value.com

やっぱりバトル開催日だけではなく、YouTubeで動画が公開されるとこれがきっかけで検索が増えるという面はあります。

3月は比較的、MCバトルの記事を多めに書きましたが、やっぱり好きなことを書いている瞬間が楽しいです。

そこに需要があればなおさら良くて、例えば私が全く知らない盆栽の記事を書いても、自分自身の知識もないし、あまりいい記事にはならないでしょうし、そんなに需要もない可能性があります。

その点、MCバトルはどんどん盛り上がっていて、いいのかもしれません。(盆栽が悪いということではなく)

 

1年間を振り返ると、最初は本当にアクセスも少なかったです。

しかし、はてなブログで始めたということもあり、最初から少しはアクセスがありました。

多くの方に読者登録もして頂いて、感謝しております。

ワードプレスでブログを始めるよりも、最初からアクセスがあるという意味でははてなブログで良かったです。 

毎日更新していたからアクセスが増えたのかは分かりませんが、記事数が多いということには一定の意味があると思います。 

 

②収益

3月の収益は2月と特に変わらずという感じでした。

正直、収益はあんまり深く考えていないです。

アクセス数が伸びれば、それでいいかなと思っています。

 

1年間を振り返ってみると、やはり最初はほんの少しの金額でした。

6月にアドセンスに合格して、その時は嬉しかったです。 

www.finance-accounting-value.com

ブログを継続して書くモチベーションの一つが、アドセンス合格だったような気がします。

もちろん、アクセス数が少なければ収益も少ないですが。 

収益だけを見ると、少しずつ増えてはいるので、引き続き記事を書いていこうと思います。 

 

③その他

3月もコロナウイルスの月だったなぁと思います。

世界的な不景気も起きてしまうかもしれません。

一方でこのコロナウイルスの影響で、日本ではリモートワークが進みました。

悪いことばかりではないのでしょう。

4月の終わりには、流行が収まることを願います。

 

1年間というスパンで振り返ってみると、やはりあっという間でした。

毎日更新というのは、大変だった部分もありますが、習慣化できたということと、ブログも雑記ブログで書くテーマが色々あったこと、文字数の多さにこだわらなかったこと、を考えるとそれほど難しくはありませんでした。

いつも書いていますが、ブログで記事を書くことで自分の考えを整理することが出来、頭をスッキリするような気がします。

自分の興味のあることを発信して、誰かから反応を頂けることもあります。

これはインターネットで自由に情報を発信できるからこその、リアクションだと思います。

これからもブログ毎日更新を続けるかと訊かれると、とりあえずは続ける予定としておきます。

1年間継続できたということで、一定の達成感があります。

 

ブログ毎日更新365日を人に勧めるかというと微妙です。

ただ、やりきった後に達成感は間違いなくあります。

これからも色々な情報を発信していきます。


1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 現代編

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。