怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【戦極21章】戦極MCBATTLE 第21章 -TOP RANKAZ 2020-の結果まとめと現地観戦の感想

戦極MCBATTLE 第21章 -TOP RANKAZ 2020-の結果まとめと現地観戦の感想

【戦極21章】戦極MCBATTLE 第21章 -TOP RANKAZ 2020-の結果まとめと現地観戦の感想

2020年2月15日(土)に開催された戦極21章の結果まとめと感想です。

去年の12月の大阪でのSPOTLIGHT2019に続き、2回目の生MCバトル観戦の記録です。

結論はとにかく面白くて、東京まで行った甲斐がありました。 

最高のバトルだったので、YouTubeのベストバウトとDVDが楽しみです。

結論:優勝はSPOTLIGHT2019を制したAUTHORITY

戦極MCBATTLE 第21章 -TOP RANKAZ 2020-

出場MCは人気投票と上位&大会推薦の48名。 

※とりあえず速報として公開します。(追記完了、また思い出したら書くこともあるかも)

15日中に詳細を書きます。

※ついに3/25ベストバウト公開

公式ダイジェストのバトルは下記

SHAMO vs ◯SNAFKIN

龍鬼 vs ◯CHEHON

CHARLES vs ERONE【延長】

MAKA vs ◯輪入道

◯NAIKA MC vs MCニガリ

◯Scooby J vs Randy Wati Sati

NAIKA MC vs MU-TON【延長】

www.youtube.com

1回戦(ノーシード)-16試合

SHAMO vs ◯SNAFKIN(ビート:ICE BAHN/LOYALTY)

初戦の先行ということで、バイブス満タンのSHAMO。

しかし、後攻のスナフキンが着実に韻を踏んで勝利。

 

龍鬼 vs ◯CHEHON

ビートは有名なやつっぽい。

龍鬼らしさもあったが、CHEHONが後攻で沸かせ勝利。

 

だーひー vs ◯MCニガリ

扇子で盛り上げるというだーひーのフレーズがあったが、ニガリの扇子は2階席からはよく分からなかった。 

ナイカの鼻のサンプリングとかで沸かしたニガリが勝利。

 

bunTes vs ◯DOPEMAN

久々の戦極出場となったブンテス(13章以来?)。

ブンテスらしさもあったが、DOPEMANの突拍子もない自由な感じに呑まれ、うまいアンサーがなかったか。

 

◯Amateras vs RYOTA

黒いマスクをして登場のアマテラス。

最初のバースではエアラップなど、相変わらずのらしさ全開。

対するRYOTAもバチバチだったが、アマテラスを止めることは出来ず。

 

◯じょう vs 歩歩

大阪と京都の関西対決に。

じょうが着実に押韻するのに対し、少しエンジンがかかっていないように見えた歩歩。

歩歩からするとあまり相性のいい相手でもなかったか。

歩歩の幼稚園児かというディスは良かったと思う。

リザーバーのじょうが勝利。

 

TERU vs ◯S-kaine

お互いいい感じだったとは思う。

時計の針が~という下りはいいなぁと特に思った。 

 

◯SKRYU vs がーどまん

先行のSKRYUががっちり流れを掴んだ。

対するがーどまんは少し焦りもあったのか、会場をあまり沸かせることが出来なかった。

判定後には、がーどまんがあんまりSNSで叩かないで欲しいみたいなニュアンスの発言。

がーどまんは嫌いではないのですが、この状況では少しバトルから距離を置いてもいいのかなと思った。

ちなみにがーどまんは坊主にキャップというスタイルだった。

 

CHARLES vs ERONE【延長】

久々の登場となったCHARLES。

聞き取りやすい発声は健在。

ERONEは男を見る目がないとディス。

シャルルもしっかりとアンサーし、判定は延長に(個人的にはシャルルの方が歓声は大きかった気がした、延長の判定を聞いてシャルルもえー!と発言)

 

→ERONE vs ◯CHARLES

延長でも男と女がテーマに。

シャルルの子持ちでも頑張ってるというメッセージが響いたか。

 

mogura vs ◯Fuma no KTR

BEST BOUT3

www.youtube.com

高ラ15回の再戦だったよう。

モグラはそこに執着していたが、コタローは意に介さずという感じ。

独特のハメ方で沸かせたコタローが勝利。

モグラは敗戦後に次はスーツで参戦と宣言。

 

◯U-mallow vs MASARU

古くからのファンには名の知れた妄想族のMASARUが登場。

しかし、後攻でも上手くアンサーは返せず、ユーマロが踏んで勝利。

 

蛇 vs ◯Randy Wati Sati

こちらも久々登場の京都の蛇。

先行ということもあり、中々らしさが出せなかった。

ランディワティサティのテクニックに沈み、勝利とはならず。

 

BALA aka SBKN vs ◯梵頭

いつもの煙とともに登場の梵頭。

シバケンは犬とディスする梵頭に対し、シバケンも上手く韻は踏んだが、梵頭が上回った。

 

◯SILENT KILLA JOINT vs 9for

サイレントキラジョイントの上手さが目立った。

9forはもうちょっとだけ響くパンチラインがあればという感じだった。

 

MAKA vs ◯輪入道

相変わらずのレゲエ出身の独特なフローのMAKAが会場を盛り上げた。

マカの高速ラップに、輪入道は敢えて同じようにはしないとアンサー。

期待の対決は輪入道が勝利。

 

Mr.Q vs ◯KZ

Qに対してDragon Ashとか、フューチャリングした歌手はどんどん上がってるのに、お前は下降線というディスをしたKZ(個人的にはこういうのは、同じ土俵に立ってから言えと思う)

Qも明確なアンサーとは行かず、敗退。

Qの敗退後のコメントは面白かった。

ベスト32-16試合

SNAFKIN vs ◯MAKI DA SHIT

GOTITのリザーバーとして登場のマキダシット。

バトルで見るのは初めてだったが、医師という職業を生かした面白いスタイルだった。

後攻でばっちりとアンサーし、スナフキンを破る。

 

◯CHEHON vs ミメイ(ビート:呼煙魔)

BEST BOUT4

www.youtube.com

ここでもCHEHON劇場に。

ミメイがCHEHONの曲をサンプリングして会場を沸かせた。

しかし、そこですかさずCHEHONが対戦相手のサンプリングはダサいと返し、会場が沸き立った。

 

◯NAIKA MC vs MCニガリ

お馴染みの対決に。

お互い良さは出して、そこからという感じか。

どちらが勝ってもおかしくなかったが、ナイカが勝利。 

 

◯MU-TON vs DOPEMAN

お互いに自由にやる感じ。

ボースティングのムートンに、ドープマンは意に介さずという感じ。

ムートンのかっこよさが勝った。

 

◯Amateras vs サイプレス上野

シードから登場のサ上。

今一つ切れはなく、アマテラスが着実に勝利。

 

◯ふぁんくvs じょう

大阪対決となったこの試合。

ふぁんくがユーモアとテクニックを見せつけ、じょうを寄せ付けなかった。

 

◯AUTHORITY vs S-kaine

戦極冬の再戦で、会場も期待した勝負。(冬の陣はS-kaineの勝利)

エスカイネも悪くはなかったと思うが、もっと出来たのかもと勝手に思った。

韻で沸かせたアウソリティの勝利。

 

BASE vs ◯SKRYU

いつもの挨拶で登場のベース。

捕まったマッキーネタで盛り上げるも、スクリューの勢いが勝った。

 

ACE vs ◯CHARLES

これは色んな意味で複雑なバトル。

対戦前から八文字から、これはくじで決まったとアナウンスが。

バトル前にはシャルルが中指を立ててエースに嫌悪感を出す。

先行で久々に見たら太ったとディスるエース。

ふざけんなというスタンスのシャルル。

エースはほとんど良さは出なかった。

(余談ながら、シャルルがエースの子供まで生んで別れたのは知らなかった。しかも慰謝料、養育費なしでシャルルが育ててるってその話がホントならエースちょっとなぁと思った)

敗戦後には、エースがこのバトルYouTubeに上げないでと正社員に言う一コマも。

 

◯ID vs FUMA no KTR

お互いに、独自の乗り方で会場を盛り上げる。

IDはさっきのエースとシャルルみたいなバトルは違うと主張。

コタローは俺は妻を大切にするとアンサー。

僅差ながらもIDが勝利(自分はコタローに上げた)

判定後にはコタローが自分が勝ったかと思ったと明るく?発言。

 

U-mallow vs ◯RAWAXXX

みんなの期待を背負ったシードのローワックス。

しかし、バトルとしては、どちらにも明らかな決定打はなかったように思えた。

その中でも優勢に進めたローワックスが勝つ。

 

◯Scooby J vs Randy Wati Sati

髪型ディスから入ったランディワティサティに対し、スクービージェイもお前が言うなというアンサー。

後攻ながら、後半メッセージが薄くなってしまった相手に対し、しっかりと踏んだスクービージェイが勝利。

 

梵頭 vs ◯句潤

草ネタ中心の梵頭に対し、心地よいフローの句潤。

かっこよさを見せた句潤の勝利。

 

GOLBY vs ◯SILENT KILLA JOINT

久々登場のゴルビー。

押韻テクニックも錆び付いておらず、会場を盛り上げた。

対するサイレントキラジョイントもらしさを見せ、ゴルビーに勝利。

 

◯輪入道 vs 漢 aka GAMI

FSDのモンスター対決。

やや漢はエンジンがかかっていなかったか。

この辺はシードの善悪というところでもありますが、輪入道も熱さを見せ、勝利。

 

KZ vs ◯呂布カルマ

最後のシードとして登場の呂布カルマ。

後攻ということもあり、 ばっちり返して会場を沸かす。

以前のバトルでケージーがアドバイスしてきたことを引き合いに出し、今日は上から目線のアドバイスないんですかとクリティカルなバースが飛び出し勝利。

 

ベスト16-8試合

◯CHEHON vs MAKI DA SHIT

自身のサンプリングから会場にワードを言わせるスタイルで盛り上げたチェホン。

マキザシットも医師の下りは良かったが、チェホンの勢いには勝てなかった。

 

NAIKA MC vs MU-TON【延長】

ビートはブッダの休日。

熱さ対テクニックという感じ。

判定では個人的にはムートンの方が歓声は大きかった気もしたが、あっさりと延長宣言。

 

→MU-TON vs ◯NAIKA MC

焦点になったのはムートンの遅刻(いつのバトルかは不明)

ナイカは遅刻すんなという正論で、ムートンはカッコ良ければOKみたいなスタンス(ナイカが正論主張してもなぁとは思った)

この部分が響いたかはよく分からなかったが、ナイカが勝利。

敗戦後コメントでムートンは改めて、いやナイカはそう言ってたけど、結局優勝したからかっこいいだろみたいに言ってた(ムートンの優勝ということはUMB2018かと思ったかが、ナイカは出てないしよくわからない)

 

◯ふぁんく vs Amateras

映画の話をしようと持ちかけたふぁんく。

アマテラスはにわかみたいな感じで返したが、この辺はよく分からなかった。

アマテラスのフレーズは後から何回も聴くとなるほどとなるくらい、考え込まれているところもあり、今回もそうだったのかも。

このバトルではアマテラスはあまり会場を沸かせることが出来ず、ふぁんくが勝利。

 

SKRYU vs ◯AUTHORITY

BEST BOUT1

www.youtube.com

ビートにめっちゃ喜んだスクリュー。

百獣の王みたいなフレーズと、両者とも押韻が良く、非常に会場が盛り上がった一戦。

後攻のアウソリティが、後攻の利を生かし勝利。

 

◯ID vs SHARLES(ビート:Shurkn Pap/NEW CLASSIC)

www.youtube.com

ここでも男と女みたいなテーマ。

シャルルは私は頑張ってるみたいな感じで、IDはこんなお母さんだったら良かった的なアンサー。

正直どっちが勝ってもという感はあったが、IDが勝利。

 

◯Scooby J vs RAWAXXX

先行のスクービージェイがばっちり韻を踏んで盛り上げるのに対し、何かエンジンがかかっていないように見えたローワックス。

スクービージェイが勝利して、ローワックスもそんなに悔しさを露にという感じではなかった。

 

SILENT KILLA JOINT vs ◯句潤

BEST BOUT5

www.youtube.com

お互いに良さは出ていたバトル。

後攻の句潤が、上手くハメて勝利。

 

輪入道 vs 呂布カルマ【延長】

ここでもモンスター対決に。

意外と輪入道がバチバチで、お前が言ってることはおかしいと真っ向勝負。

対する呂布も冷静にアンサー。

判定は延長。

 

→呂布カルマ vs 輪入道【再延長】

BEST BOUT2

www.youtube.com

ここでは空気の話に。

俺の言葉は空気よりも重いみたいな呂布のフレーズは良かった。

輪入道も譲らず、再延長へ突入。 

 

→輪入道 vs ◯呂布カルマ

延長ビートはLostFace。

UMBCIY2017でも、呂布カルマがDisry戦ったビートで、やはり呂布のビートアプローチの上手さが見えた。

ここでは少し輪入道がペースダウン。

呂布なら延長で勝たないとダメでしょみたいなスタンス。

最後はカルマも熱くなって、火をつけるのはみたいなフレーズで会場大盛り上がりで差がついて呂布カルマの勝利。(この勝利で今回も決勝まで行きそうな予感がした)

 

ベスト8-4試合

◯NAIKA MC vs CHEHON

ここまで勢いの良かったチェホンだったがという試合。

ナイカのネタじゃなくて、ちゃんとアンサー返してくれという誘いに乗ったチェホン。

しかしその返したバースが、うーんという感じで、やっぱり即興って難しいなという印象。

 

ふぁんく vs ◯AUTHORITY

俺は10年積み上げたからみたいなスタンスのふぁんく。

対するアウソもそんなことでディスるなと反発

 

Scooby J vs ◯ID

お互い良さが出た試合。

スクービージェイの押韻も良かったし、IDのリズミカルな感じも良かった。

IDが勝利。

 

句潤 vs ◯呂布カルマ

久々の対戦となった両者。(UMBCIY2017以来?その時は句潤が勝利)

句潤も悪くはなかったと思うが、後攻の呂布の方がよりパンチラインを吐いていた感じか。

呂布カルマが勝利。

 

準決勝

NAIKA MC vs ◯AUTHORITY

16×2

ビートはCHECK YOUR MIC。

先行のNAIKAが16小節をオーバーしてしまうミス。

ここでもAUTHORITYが後攻できっちり返して、会場を沸かせる。

 

ID vs ◯呂布カルマ

16×2

FSDのモンスター対決。

後攻の呂布カルマが冷静にIDをいなす感じ。

呂布の国税局の下りは、個人的にはう~んという感じだったが、後攻を取ったことが強かった。 

決勝

呂布カルマ vs ◯AUTHORITY

8×4、ビートはZORNのRep

じゃんけんに勝ったAUTHORITYが後攻を取って、きっちりアンサーする展開に。

呂布カルマのお前には戦極の優勝はまだ早いみたいなDisも、NAIKAとの準決勝で似たような感じだったので、少しはまらなかったか。

歓声は6:4くらいでAUTHORITYという感じ。(20章の時ほど差はなかった)

ということで戦極21章を制したのはAUTHORITY!

ウイニングラップはセロリのface to face のビートに乗せて。

やっぱりAUTHORITY強かったなぁという感じ、UMB2019、SPOTLIGHT2019、凱旋2019夏の陣、そして戦極と、後はKOKとFSD制覇くらいというとんでもないレベル。

やっぱりアンサー力と押韻の上手さが目立った。

破れた呂布カルマも、強さを存分に見せつけたがわずかに届かず。

17章ではGIL、18章では漢、20章ではSAMにそれぞれ決勝で負けている。

次回に期待したい。 

感想

初めての戦極を生で観戦しましたが、とにかく面白かったです!

二階席で座って見れたということもあり、バトルをじっくり楽しめました。

MCのレベルも高く、これはDVDも買おうと思えるくらい、良かったです。

ベストバウトを一つだけ挙げるなら、CHEHON vs MAKI DA SHITです。

総じてバトルの質が良くて、ベストバウト選ぶのが難しいです。

どのMCもかましていたと思いますが、個人的にはCHEHON良かったと感じました。

9月開催予定の戦極22章は名古屋で行われるようです。

名古屋と言えば呂布カルマですが、次回こそは二度目の戦極王者になれるのかも注目です。(まだ出場は決まっていませんが)

こちらも是非参戦したいなぁと思っています。

YouTubeにベストバウトが公開されたら、追記しようと思います。

 

雑多な感想

  • 最初、Zepp TokyoとZepp Divercityを間違えて、トヨタの展示場みたいなところを通った田舎者
  • Liveが途中に入るのも良し悪しがある
  • SAMのLiveは良かった
  • 輪入道のLiveでのMCで、この中に戦極が戦慄だったことを知ってるやつどれくらいいる?→1~2割くらいウェーイ、戦慄見に行ったやついる?→ほぼゼロにびっくり
  • 輪入道の徳之島良かった
  • MU-TONのTAG SHIT(DOTAMAなしver)も盛り上がった
  • 2階席だと常に座れるので、アラサーにはありがたい(DJタイムとかはけっこうスマホポチポチしてる人も多かった、別にいいけど)
  • 2階席だとLiveやバトルでの盛り上がりがわかりやすい(チェホンのLiveでは右側が盛り上がっていた)
  • 戦極はビートがなぁと思う瞬間がある(UMBやSPOTLIGHTと比べてしまうと)
  • バトル時のMC紹介がシンプルなのはいいと思う
  • 敗者コメントも面白いものが多く、このシステムも好き
  • 戦極を見に来ている層は、SPOTLIGHT2019と比べるとどちらかと言えばより若くて怖くない感じがしたけど、マナー悪い人もいたよう(スナフキンや他のMCに対して、馴れ馴れしいのは良くない)
  • 40代くらいの人はいなそうで、やはり男性が多い
  • 時間押してバトルの終わりが20時15分くらい、長い人は6時間立ちっぱは大変
  • 戦極公式Twitterでリツイートありがとうございます!
  • MC正社員は戦極は一番の大会であって欲しい、八文字はみんなの一番だったら嬉しいみたいな表現だった
  • GOTITが来れなくて、リザーバーは東北の準優勝のMAKI DA SHITかFRANKENかUZIの3名がくじで選ばれた(観客のTikTokみたいなお兄さんが選んだ)
  • 最初のDJTIMEではNONKEYが盛り上げてた
  • DJTIGUの最初のビートが、Workout (remix)で嬉しかった(選ばれなかったけど)
  • ここにCIMA、裂固、バチスタ、韻マンあたりが入れば最強だったかも

SAMのLIVE

www.youtube.com


戦極MCBATTLE 第21章 -TOP RANKAZ 2020- 2020.2.15 完全収録DVD


戦極MCBATTLE 第20章 本戦 - そして伝説へ END OF THE QUEST [DVD]

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。