怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【従業員数】従業員数9人の企業が上場すると聞いて驚いた話

従業員数9人の企業が上場すると聞いて驚いた話

【従業員数】従業員数9人の企業が上場すると聞いて驚いた話

IPOの企業を調べていたらなんと従業員数9人で、上場する企業があって驚きました。

IPO投資も挑戦しているのですが、当選しない経理マンです。

いつものように何気なく、新規上場する企業のⅠの部を見ていると、なんと従業員9人の会社がありました。

9人の会社というのはたくさんあれど、上場できるというところに驚きました。

本日はそんな従業員数についての記事です。

結論:従業員が9人でも上場できる

9人上場 

その従業員数9人の会社はALiNK インターネットという会社です。

www.alink.ne.jp

事業としては、天気予報専門サイトである「tenki.jp」の運営ということになります。

https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/nlsgeu000004d9br-att/12ALiNKInternet-1s.pdf

この資料によれば、現在7期目という若い会社で、従業員数の推移は2期目から2人→4人→4人→5人→9人となっています。

ちなみに取締役は従業員数にカウントされないので、常勤の役員5名を加えると14人で会社を動かしていることになります。(ややこしいですが執行役員は従業員に含まれます。)

たった9人で売上は6.9億、当期純利益は2.3億というスケールなので、ものすごい効率がいいと言えます。

 

ここでふと思ったのは、上場している会社の最少人数はどれくらいなのかという疑問です。

少し調べるとなんと1名の会社もありました。

toyokeizai.net

メッツという会社で現在は上場廃止になっています。

 

ただベンチャーの場合は人数がとにかく増えるので、ALiNK インターネットもずっと9人のままというのは考えにくいです。

www.fastgrow.jp

上場企業の中には、上場時の従業員数が200倍になっているケースもあります。

上場時というくくりなら、この9人という記録は中々破れられないのかもしれません。

 

ところで、従業員が多い上場企業はどこになるかと言うと、トヨタ自動車になるようです。

トヨタの有報によると従業員数は2019年3月末で、370,870人となっています。

37万人とその家族の生活が、かかっていると考えるととんでもないプレッシャーなのだと思います。

もちろん、社員が一人でもいる会社の社長は、社員の生活がかかっているわけですが。 

ただ37万という数字は、これから減っていくのかなぁとは思います。

なぜならAIによる自動化によって、工場から人が大幅に減ると考えられるからです。

 

一方で業界再編によって、企業間の合併も増えていくでしょう。

合併を単純に考えると、従業員数は伸びるという方向です。(A+Bの合併で新Aの社員数が増える)

ただし、合併によって最適な人員というのも見直され、合併を機に人員整理という可能性もあるでしょう。

ただでさえ、業績が好調な企業であっても45歳以上の社員の希望退職を募る時代です。

 

従業員数というのも、見方によっては面白い指標なのかなと思いました。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。