ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【ウーバーイーツ】今更、ウーバーイーツを初めて利用してモスバーガーを食べた話

【ウーバーイーツ】今更、ウーバーイーツを初めて利用してモスバーガーを食べた話

【ウーバーイーツ】今更、ウーバーイーツを初めて利用してモスバーガーを食べた話

本当に今更ですが、ウーバーイーツ1,500円クーポンがあったので利用してみた感想です。 (大阪在住)

ウーバーイーツの存在は以前から知ってはいました。

しかし、特に利用するシーンもなかったので、使ったことがないままでした。

今回、1,500円分のクーポンがあったので、初めて利用してモスバーガーを注文してみました。

ウーバーイーツを使ったことのない方向けに書いてみます。

結論:クーポンありならお得

ウーバーイーツ 

今の時代はウーバーイーツの存在を知らない方の方が、珍しいのかもしれません。

ウーバーイーツとは、料理宅配サービスです。

日本でのサービス開始は2016年とのことです。

コロナで外出できない間に、知名度がさらにアップしたはずです。

私もコロナが流行る前から、存在は知っていました。

しかし、利用する機会はありませんでした。

なぜかと言うと、配達料金がかかるからです。

比較的時間はあるので、普通にお店に行ってテイクアウトすれば事足りたのです。

 

クーポンの存在

ある日、ウーバーイーツのクーポンがチラシ受けに入っていました。

クーポンを見たのは恐らく初めてではありません。

前に住んでいたところでも、クーポンは貰いましたが注文したことはありませんでした。

今回のクーポンはなんと1,500円引きというものだったこともあり、初めて注文してみることに決めました。

 

アプリインストールから注文

アプリをインストールして、注文したいお店を決めます。

私はマクドナルドが食べたかったので、調べてすぐに見つかりました。

しかし目当ての近くのマクドナルドの店では、近くに配達パートナーが見つかりませんという表示で注文が出来ません。

ハンバーガーの気分だったので、モスバーガーで注文することにしました。

注文したのがこちら。

モスバーガー

モスバーガー

サービス料や配送手数料はお店によって異なります。

商品代金が合計1,540円で、サービス料がその10%、そして配送手数料が150円の、総合計が1,844円でした。

これに1,500円引きクーポンのおかげで344円という金額になりました。

 

注文から配達

ウーバーイーツの面白いところとして、今運んでいますという画面が非常に分かりやすいというところがあります。

実際に自転車でどこを走っているという表示がされます。

到着予想時間まで表示され、遅くともこれまでに届きますという時間まで出ています。

近くの店舗に注文したこともあり、到着予想よりも5分ほど早く到着しました。

予定では注文から約20分ほどで到着予定で、結果は約15分で到着です。

 

支払いはクレジットカードもOK

私はクレジットカードで支払にしたので、本当に商品だけ受け取って終了です。

当然ながら、商品も出来たてです。

モスバーガー1,540円分

モスバーガー1,540円分

344円で1,540円の商品が楽しめて、しかも家まで届けてくれる。

素晴らしいクーポンだと思います。(クーポンの金額は地域によって多分違う)

以前、貰ったクーポンは1,000円だったような気がします。

 

これからも利用するかはNo

初めての利用は、普通に満足しました。

ただこれからも使うかと訊かれると、使わないと答えます。

やっぱり手数料が余計にかかるのが、もったいなく感じてしまいます。

今回の場合だと、304円が余分にかかったことになります。

自宅の近くということもありますし、それなら自分で行ってテイクアウトで充分だと思ってしまいます。

ただ、実際に使ってみて非常に便利なサービスだと感じました。

 

ウーバーイーツのこれから

YouTubeにもウーバーイーツの配達で稼ぐという動画が、たくさんあります。

こういう動画を見ていたので、注文に躊躇がなかったという側面もありました。(これは配達側の話ですが)

仮にお金がめっちゃあったとすれば、毎食ウーバーイーツという選択すらあるのでしょう。

ただ、運動不足になりそうだし、ウーバーイーツで頼めるバラエティはもっと拡充してほしいです。

 

ウーバーイーツの存在感はコロナの影響で、もっと大きくなりそうです。

そもそも店内で食べるという習慣が、減っていくのかなとさえ思います。

飲食店のキッチンは、本当にキッチンとしてだけ存在するという店が増えていくのかもと思います。

当然、お店の面積という面で見れば、調理する場所だけ確保すれば良いので、その方が効率的と言えそうです。

お店で客同士や、店員と客のトラブルもなくなるでしょうし、接客担当の店員も不要です。

焼き肉などは配食に無理があるジャンルと言えそうですし、全てのカテゴリーで有効ではないのは確かです。

それでも、時代の変化であるのは間違いないと、実際に利用してみて感じました。

 

やはり、何でもポチってみるのが大事ということでしょう。

(これで後13日を1,519円で過ごすことに) 

 


UBER ウーバー革命の真実

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。