怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

経理マンと人間関係

経理マンと人間関係

経理マンと人間関係

一般的に経理というのは専門職であり、異動がどちらかと言えば少ない部門ではないだろうか。

 

もちろん営業の人間が経理に異動や、経理が営業に異動もなくはないが、頻度は営業が別の営業の部署に異動することよりは少ない。

 

つまり、ある種閉鎖された空間であると言える。お局に苦しめられ、仕事のできないおっさんの尻拭いなどから逃れることが難しい。

 

もちろん、転職という劇薬もあるが、転職先にそんな人間がいないとは限らない。

 

仕事が楽しい、この会社で頑張りたいという意欲の源泉は、信頼できる仲間の存在である。信頼できる先輩・同僚・後輩がいなければモチベーションはダダ下がりである。

これも職場ガチャで、当たり外れがあるのだろうが、やはり他者は変えられない。自分が変わらなければ、ずーっとそのまま。

 

嫌いな人のいいところ探しも悪くないのかもしれない。それを精一杯やった上で、この会社は合わないなら、転職するか起業するかして環境を変える。

 

今日の学び

  • 経理は閉鎖されているが、基本的に他者は変えられない
  • 信頼できる人を探し、モチベーションを上げる