怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【新卒採用】くら寿司が「年収1,000万円」で新卒募集についての雑感

くら寿司年収1000万円新卒募集

【新卒採用】くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集についての雑感

新卒で年収1,000万というパワーワードについての経理マンの雑感です。

回転寿司チェーン大手のくら寿司が「エグゼクティブ採用」として、新卒社員に年収1,000万を提示するようです。

headlines.yahoo.co.jp

 

今回はこの決定についての考えを書いてみます。

結論:動きとしては評価すべきだが、恐らく効果は薄そう

くら寿司のエグゼクティブ採用とは

まずはその中身についてくら寿司のHPから確認

www.kura-corpo.co.jp

要件としては下記

  • 募集人員は10名
  • 資格としてはTOEIC800点以上と簿記3級必須
  • 求める人材像は多いが、海外勤務可能という部分が大きいか
  • 年齢は26歳までの就業経験なしの人材

 

そして年収については、1年目が1,000万円なだけで、以降は実績に基づき決定するとのこと。

つまり理論上は、1年目が1,000万で2年目400万というのも普通にあり得るというように読めます。

 

くら寿司の給与水準について調べてみます。

直近の有報を見てみると、正社員数は1,252名で平均給与は約450万円となっている。

PL注記に給与手当の記載があり、年間で335億73百万円とあるので、正社員数で割ると平均の給与ベースでは268万円となる。

その他賞与などを足すと、450万円になるということだろう。

また平均勤続年数は6.3年となっている。

つまり2年目の給与は450万円に満たない可能性が高い。

ちなみに監査役は550万しか貰っていない?

 

評価できる点とそうでない点

この制度の評価できる点

  • 1年目から1,000万を出すということで、優秀な学生が採用できる
  • 2年目には年収を引き下げる可能性を作ることで、優秀でない人に1,000万出し続けるというリスクをなくしている
  • 外食産業は総じて年収が低い中で、これだけ出すという勇気
  • 新卒社員に好待遇を与えることで、優秀な社員にふさわしいステージを与えるという会社の方針が伝わる

 

評価できない点

  • 2年目以降の年収がどうなるかが明示されていない
  • 2年目の年収が本人希望と隔たりがあれば、人材の流出リスクがある
  • 周りの社員の期待値が大きすぎたり、僻みもあり得る
  • そもそも1年目からそんなに結果を残せるのか

 

個人的には、面白い取組だとは思います。

優秀な人には、それだけのリターンが与えられるべきだし、年功序列では成長は見込めません。

制度の運用については課題があるとは思いますが、こういう動きをすること自体は評価すべきだと思います。

現代の変化についていくための動きだとは考えられます。

 

もちろん、この取り組みが成功するかを判断するのは、3年後とかになるのでしょうが。

この採用予定の10人には、かなりのプレッシャーがかかるでしょう。

正直、2年目の年収が下がれば、周囲の目も気になるだろうし、会社には居づらいだろうと予想します。

当然ではありますが、それに打ち勝つ人材を採用できるかが鍵になりそうです。

 

この制度だけでは、中堅社員のモチベーションは下がると思います。

何で新人が1,000万も貰えるんだとしかならない気がします。

合わせて、完全な成果主義にするという人事制度改革があった方が、良かったのかもしれません。

 

くら寿司のこれからに注目したいですね。

私はくら寿司に行ったことがないのですが、大阪の企業だったことを初めて知りました。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。