怠惰な経理マンの日常(MCバトル結果まとめ他)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【FS日本統一】フリースタイル日本統一の結果と感想まとめ #13(東海 vs 京都②)

【FS日本統一】フリースタイル日本統一の結果と感想まとめ #13(東海 vs 京都②)

フリースタイル日本統一#13

※本ページにはプロモーションを含みます。

今回は東海と京都の2回目の放送となります。(ちょっとまとめるの遅くなりました)

前回の記事はこちらです。

www.finance-accounting-value.com

第1回から見たい方はこちら

www.finance-accounting-value.com

KOKはこちら

www.finance-accounting-value.com

2回戦も終わりが近づいています。

呂布カルマ率いる東海がどうなるのか?に注目です。

前回のバトルではFORKが登場していて、FSLでもCOCRGI WHITEと戦ったやつが公開されていました。

 

MCバトルとは関係ないですが、サッカーではアジアカップも開催中です。(ABEMAでは放送せず、DAZNのみ)

日本代表の期待値も大きいですが、決勝トーナメントを勝ち抜けるのか、こちらも気になります。

 

1回戦で勝った各チームは下記

【チーム東北】Sitissy luvit×DARK×USTR+脱走(北海道)

【チーム北関東】DOTAMA×NAIKA MC×Yella goat+MC☆ニガリ(甲信越)

【チーム埼玉】K-rush×TKda黒ぶち×崇勲+晋平太(東京)

【チーム神奈川】FORK×句潤×SANTAWORLDVIEW+輪入道(千葉)

【チーム東海】呂布カルマ×裂固×楓+KANDAI(福井)

【チーム京都】ミメイ×POWER WAVE×歩歩+Fuma no KTR(大阪)

【チーム兵庫】CIMA×P-PONG×Sirogaras+FEIDA-WAN(中国地方)

【チーム九州】Rin音×Amg×だーひー+Lildav(四国)

 

そしてSAMも面白いと言っていた葬送のフリーレン、確かにめっちゃ面白いです。

ABEMAでも見れますが、無料会員だと何日か後に見れなくなってしまいます。(フリースタイル日本統一も同様)


葬送のフリーレン(1) (少年サンデーコミックス)

結論:勝ち抜けはまた来週

大会概要

放送日:10/11(火)

会場:?

優勝賞金:100万円

出場MC:3名×16チーム=48名

司会:Zeebra、青山テルマ、関口メンディー

DJ:DJ CELORY

審査員:いとうせいこう、LiLy、KEN THE 390、Kダブシャイン、GOCCI

バトルは勝ち抜き方式、ビートは8×3

 

今回の2チーム

【チーム東海】呂布カルマ×裂固×楓+KANDAI(福井)

【チーム京都】ミメイ×POWER WAVE×歩歩+Fuma no KTR(大阪)

 

バトル

前回は楓とPOWER WAVEが戦い、楓の勝利

①◯歩歩 vs 楓(ビート:Gottz & MUD / Adrenalin Remix)

判定➡4-1で歩歩、いとうせいこうのみ楓

 

②KANDAI vs ◯歩歩(ビート:ICE BAHN / LEGACY)

判定➡5-0で歩歩

 

③呂布カルマ vs ◯歩歩(ビート:BAD HOP / Kawasaki Drift)

判定➡3-2で歩歩、いとうせいこうとKEN THE 390が呂布カルマ

※初登場の呂布カルマは接戦で負ける

 

④◯裂固 vs 歩歩(ビート:ELIONE / Winner's Circle)

判定➡3-2で裂固、いとうせいこうとLiLyが歩歩

 

勝ち抜けは次週決定

裂固はミメイとFuma no KTRを倒す必要あり

感想

今回の初戦は楓が歩歩に破れ、次のKANNDAIも歩歩相手にあまり良さが出てなかった印象でした。

そして悪い流れを断ち切るべく呂布カルマが登場したものの、歩歩が勝利(あんまり噛み合わずのバトルで消化不良な感じ)

裂固がその歩歩を倒し、後のない状態から一つ勝利

東海はミメイとFuma no KTRを連続で倒せるかという瀬戸際に

なんとなく編集的にミメイが勝って終わるのか?なんて気もしました。

 

次の兵庫と九州の試合も始まりそうです。

次週も楽しみです。

フリースタイル日本統一以外のバトルだと、2/2に渋谷レゲエ祭と真ADRENALINEのコラボ大会があります。

こちらも面白そうです。

 

www.finance-accounting-value.com

※他の大会の結果はこちらから飛べます。

www.finance-accounting-value.com

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。