怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【MCバトル】SPOT LIGHT2019の生観戦の感想

 

SPOT LIGHT2019の生観戦の感想

【MCバトル】SPOT LIGHT2019の生観戦の感想

初めてMCバトルを大阪の味園ユニバースに見に行った感想です。

以前も記事に書きましたが、12/1(日)のSPOT LIGHT2019を見に行ってきました。

初のMCバトルの生観戦となりましたので、感想を書いてみます。

一応、導入編もありますので紹介だけ。

www.finance-accounting-value.com

結論:めっちゃ面白かったから、DVDも買いたい

SPOT LIGHT2019(スタート前)

場所は大阪の味園ユニバースです。

なんばだったり日本橋が最寄り駅となります。

日本橋駅からは徒歩約3分と好立地です。

チケットがソールドアウトということで、いっぱいお客さんがいました。

味園ユニバースのスタンディングのキャパは1,000人とのことですが、それ以上いるのかなというぐらい混雑していました。

 

自分のチケットはBの100番台以内だったので、開場時間近くに行きました。(15時開場、15時半開演)

観客のほとんどは、20代前半の男性が多く、会場周りでの喫煙率も高かったです。

自分のようなアラサー男子は少なさそうでした。

中で600円のドリンク代を払い、入場。

Aが700ぐらいまでだったようで、入場するとだいぶ人で混雑していました。

左側から見たので、後攻のMCの顔がよく見えるポジションでした。

 

MCバトルの前に

まずはサウンドクラッシュというDJによる、バトルが前座としてありました。

出場者は3グループで、

  • 1238(HIDADDY)
  • グレイヴディガー(peko & CARREC)
  • マジリアルTAZAWA

それぞれが持ち時間でDJをし、最初に2巡して、グレイヴディガー(peko & CARREC)が脱落。

決勝は1238(HIDADDY)とマジリアルTAZAWAになり、3本勝負でしたが、マジリアルTAZAWAが2連勝し、終了。

感想としては、面白いには面白いのですが、これだけでは客は呼べないような気がしました。

 

MCバトルスタート

ルールは8小節×3本、判定は観客の声援の大きさで決定。

延長の場合、先行後攻が入れ替わる。

ビートは毎試合変更。

出場MCはENTERを勝ち抜いた12名+ゲストバトラー20名の計32名。

ネタバレを含んでいますのでご注意下さい。

左側が先行で、右が後攻を示しています。

 

1回戦-16試合

9for vs じょう

ビートは沸いてたけど、忘れてしまった。(韻踏合組合のだったはず)

高ラ優勝者同士の熱い戦いをじょうが制す。

 

HARDY vs AUTHORITY

登場時の歓声がめちゃ大きかったAUTHORITY。

AUTHORITY得意の押韻で会場を沸かせ勝利。

勝利した後に、本人がオウソリティーではなくアウソリティーだと発言。

 

晋平太vs 烈固

試合の前に、動画撮影してると思われる人を司会が注意。

それをバースに入れる晋平太(個人的にはやらしいと思ってしまう)

これが晋平太にとってはラストバトルらしいが。

烈固はあまり良さが出せずに敗退。

 

バチスタ vs 無欲

無欲は初めて見るMCだったが、あまり印象には残らなかった。

バチスタが確実に韻を踏んで勝利。

 

キョンス vs Mr.Q

 

Mr.Qも沸かせたが、正直ベテランとして限界が来てるような気もする。

キョンスが上手くアンサーをして勝利。

 

呂布カルマ vs がーどまん

普通に呂布カルマが勝利。

がーどまんも楽屋では呂布カルマが木を持っていないと話し、その部分はウケていた。

呂布カルマのアロンアルファの下りで勝負がついたか。

 

KZ vs 百足

ビートは390の真っ向勝負

KZのラップするだけでメッセージがないというDisに百足はうまく返せず。

KZが勝利。

 

ACE vs KOPERU

KOPERUは久しぶりのMCバトル?

両者とも韻を上手く踏んだが、勝者はACE

 

JAKE vs ミステリオ

ミステリオはけっこう熱かった。

JAKEが冷静にかわして勝利。

試合後のミステリオはらしい言葉で会場を沸かせていた。

 

歩歩 vs 崇勲

UMB2015優勝したことになってた崇勲。

明るいバトルだったが、歩歩がよりらしさを出して勝利。

 

CIMA vs サイプレス上野

サ上なんか目がやばいと感じたが、バトルは普通だった。

サ上面白いとこもあるけど、勝てても1回戦って感じ。

普通にCIMAが勝利。

 

ERONE vs 炉馬

ブリブリネタをしかける炉馬。

勘ぐりはやめろとアンサーするERONE。

ERONEが勝利。

 

ふぁんく vs MC☆ニガリ a.k.a. 赤い稲妻

ビートはライムスのB-BOYイズム。

お互いの良さが出て、初めてのドロー。

延長ビートは知らざあ言って聞かせやShowで大盛りあがり。

ふぁんくのだみ声みたいなフローで沸いて、ふぁんくが勝利。

 

RYO vs 韻マン

韻マンも韻踏んでるんだろうけど、よく聞き取れない。

RYOのわかりやすさもあり、RYOの勝利。

 

Scooby-J vs TKda黒ぶち

出てくる時の歓声が大きかったScooby-J。

ただし持ち味はあまり出せず、TKda黒ぶちが勝利。

 

J.O.E vs 梵頭

梵頭は登場時から煙が?

J.O.Eのバースもよく覚えていないが、梵頭に勝利。

個人的には梵頭にはいい印象がないので良かった。

 

2回戦ベスト16-8試合

じょう vs AUTHORITY

相変わらずのAUTHORITYの押韻劇場。

じょうでは太刀打ちできず、AUTHORITYが勝利。

 

晋平太 vs バチスタ

晋平太は六本木がどうのこうのみたいな。

バチスタが冷静に返して、最後は本でも読んでとDevil's tongueのフレーズで勝利。

 

キョンス vs 呂布カルマ

キョンスの正論ばっかりというフレーズに対し、下ネタで返すカルマ。

どちらにも大きな決定打はなかったように感じたが、キョンスの勝利。

 

KZ vs ACE

KZのお前のライブ見たいやつはいないみたいなDisが刺さり、KZが勝利。

ACEも韻踏むだけという印象が強いので、1回戦勝つぐらいだよなぁ~という勝手なイメージ。 

 

JAKE vs 歩歩

バチバチという感じではなく、良さを出すバトルという感じ。

歩歩は相変わらず面白い。

延長へ。

クリスマスから栗とリスみたいな流れに。

よくわからんが最後はJAKEが勝利。

 

ERONE vs CIMA

いつも通りの二人という感じ。

CIMAが普通に勝利。

ERONEもそんなに勝ち続けるイメージが湧かないので、フリースタイルダンジョンのモンスター大丈夫かなという印象。

 

ふぁんく vs RYO

RYOの相手のバース中の頷きが好感度アップ。

ふぁんくに対し、歓声じゃなく笑い声というDisが刺さる。

RYOが勝利。

 

TKda黒ぶち vs J.O.E

お互いの良さが出た試合。

J.O.Eの韻に囚われたカスみたいなラインは良かった。

TKda黒ぶちが勝利。

 

ベスト8-4試合

AUTHORITY vs バチスタ

ビートはAKLOのRGTO。

ここでもRGTOのサンプリングや、バッチリ韻を踏んで盛り上げるAUTHORITY。

バチスタは晋平太を破った勢いはあったが、AUTHORITYを止めることができず。

 

KZ vsキョンス

なんか熱い感じだったが、個人的にはピンとこなかった。

勝者はKZ。

 

CIMA vs JAKE

去年に引き続きの対戦。

音ハメをどちらともかます。

結果はCIMAの勝利。

 

TKda黒ぶち vs RYO

TKのコントロール不能という言葉に噛み付いたRYO。

勢いに乗ってTKを倒す。

RYOへの歓声が大きかった。

 

準決勝-2試合

KZ vs AUTHORITY

KZのこいつカンペ見てたというあまりにも低レベルなDisには閉口。

AUTHORITYがバッチリ返して、勝利。

 

RYO vs CIMA

ビートはJUSWANNA「BLACK BOX」。

RYOが優勢に試合を進めたが、最後にCIMAが巻き返した。

判定は延長。

延長ではどちらも決定打がなかったような感じだったが、CIMAの勝利。

RYOも大健闘だったが、勝って欲しかった。

 

決勝

決勝では8小節×4本、60秒のアカペラ、8小節×4本の3本勝負となる。

1本目(先行がAUTHORITY)

どちらも沸かせたが、決定的な差はなくドロー。

2本目アカペラ(先行がCIMA)

若干時間をオーバーしたCIMAに対し、一瞬言葉が出なかったAUTHORITY。

CIMAの勝利。

3本目(先行がAUTHORITY)

落としてはいけない色はイエローみたいなラインが決まったAUTHORITY。

AUTHORITYが勝利し、4本目に。

4本目(先行がCIMA)

ひたすら草ネタを繰り返すだけのCIMA。

3本目の勢いそのままにAUTHORITYが勝利し、優勝!

 

ウイニングラップはZEEBRAのIm Still No.1に乗せて。

拡散オッケーとのことで、携帯で撮りまくり。

 

その後、呂布カルマのライブ。

ライブ時には、MCバトルだけ見て帰るやつくたばれと発言。(まぁこれはしょうがないかなと思います。正直、立ちっぱで疲れました。)

曲はヤングたかじんとかしか分からなかった。

 

そしてNORIKIYOのライブ。

BRON-Kも途中で登場。

 

最後に韻踏合組合のライブもあったのですが、疲れたのでここで帰宅。

明日も仕事だしなぁと思い。

 

感想

5時間以上立ってるとしんどいです。

土曜開催ならありがたいのですが、明日から仕事なのが辛い。

ただ、初めてのMCバトルはめっちゃ面白かったので、また行きたいと思います。

変なトラックもなく、楽しめました。(知らないものも多かったですが)

 

しかし、AUTHORITY強かったです。

CIMAじゃ勝てないかなと思っていました。(アカペラの時間ミスがなければ、ストレートで勝っていたかも)

RYOもいかにも好青年という感じで、押韻もいいし、これから期待ですね。

呂布カルマの敗退は意外でしたが、負ける時は負けるというところでしょうか。

MCバトルも何回もやっている同士だと、言うことなくなるって感じですね。

決勝でも8×4を3回すると、聞いてる方も集中力が切れてきます。

 

今後、YouTubeにも動画がアップロードされると思うので、また楽しもうと思います。

また、思い出したことなどあれば、追記する予定です。

※SPOTLIGHT2018のDVD買ったので、まれレビューすると思われます。


SPOTLIGHT 2018 [DVD]

ここまでお読みいただきありがとうございました。