ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【WCT】大人の鬼ごっこWorld Chase Tagの動画が面白かった

大人の鬼ごっこWorld Chase Tagの動画が面白かった

【WCT】大人の鬼ごっこWorld Chase Tagの動画が面白かった

YouTubeでたまたま見かけたWCTの動画が面白かったので、紹介します。

いつものようにYouTubeのトップページを開くと、オススメ動画としてWCT4の動画がありました。

何気なくクリックしてみると、想像以上に見入ってしまいました。

本日はそんなWCTについての記事です。

全くルールを知らなくてもすぐに理解できて、面白いスポーツです。

結論:本気の鬼ごっこが面白い

WCTとは

WCTとはWorld Chase Tagの略で、簡単に言うと本気の鬼ごっこです。

動画を見たほうが理解が早いと、思うので紹介します。

WCT4の準々決勝のUnited vs UGen戦です。

www.youtube.com

ルールを簡単に紹介していきます。

2つのチームが対戦します。

1つのチームは5人編成です。

追いかける側と逃げる側に別れ、1vs1で勝負をします。

逃げる側は20秒間、相手から触られなければ1ポイントです。

1つの勝負が16回繰り返されます。

1ポイント取った場合は、そのチームの攻め(同じプレイヤーが逃げる)が継続します。

細かいルールは下記のサイトが詳しいです。

wct.jp

 

シンプルな鬼ごっこで、逃げる方は20秒逃げるだけですが、実力が伯仲している場合、1点を争うゲームになります。

WCT4の決勝戦でも1点を争うゲームになっています。(アメリカのチーム対フランスのチーム)

www.youtube.com

ちなみに、GNFにはSETH Rというメガネを掛けているプレイヤーがいます。

一番最初の動画は400万再生されており、ハマる人がいるのも納得の面白さです。

日本代表はというと、Samuraiというチームが出場していますが、準々決勝でBlacklistというフランスのチームに6-0のスコアで破れています。

やはり逃げるのが上手いチームだと、このようにスコア差がつくことがあるようです。 

WCT4には8つのチームが参加して、国籍で言うと、イギリス3、フランス2、アメリカ1、日本1、ヨーロッパ混合1となっていました。

 

日本でもYouTuberのフィッシャーズが紹介しています。

www.youtube.com

これを見ると、いかにプロがスピード感があるか分かりますね。

パルクール出身の方が、このWCTにいるとされています。

ものすごい身のこなしだなぁと感心します。

 

ゲームの特性上、先に追いかける側のポジションをやった後に、逃げるポジションをやることになるので、疲労もあるでしょう。

20秒という一見短い時間に思えますが、相当量の運動なのだろうと思います。

 

今回はYouTubeのオススメとして出てきて知ったわけですが、YouTubeのリコメンド機能も侮れないなぁとも思いました。

何しろ膨大な情報をGoogleは持っています。

その情報を使って予測しているのだから、当然その予想も精緻なのでしょう。

オススメされるだけではなく、自分から情報を探すようにしたいとも思う経理マンでした。


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。