怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【書籍】ユダヤの商法(藤田田)は参考にはなるところもある

お金儲けのノウハウについての本、ユダヤの商法を読んだ感想を書いてみます。 

 伝説のベストセラーの新装版ということで、読んでみました。

そもそもユダヤ人についての知識はほとんどありませんでしたし、著者の藤田田氏のこともよくは知りませんでした。

アマゾンのレビューで言うと、77件のレビューで平均点は4.0点と高得点でした。


ユダヤの商法(新装版) (ワニの本)

 結論:著書の経験がベースとなっており、これを応用するのはちょっと難しいように思えるが、役に立ちそうな部分もある

ユダヤの商法の要約と感想

一番最初には、現在の観点からすると、差別とされる表現等もあるが、多くの人に評価されている・筆者独自の世界である・筆者は既に他界しているという理由で、底本のままとしたという記載がある。

1.これがユダヤ商法だ

生活の中に数字を持ち込め

現金主義に徹する

女と口を狙え

 

2.私自身のユダヤ商法

勝負はタイミングで決まる

薄利多売ではダメ

 

3.ユダヤ商法のバックボーン

メシの時には仕事の話をするな

父親・女房ですら信用するな

 

4.銀座のユダヤ人語録

ゴルフをする人は発狂しない

話があるなら、そっちが来い

 

5.「円」を扱うユダヤ商法

商人はまず売れ

 

6.ユダヤ商法とハンバーガー

人間の欲求をつかめ

きらいなものを売れ

 

感想

基本的にエピソードは古いです。

それもそのはず、1972年に出た本を新装版として売っているからですね。

確かに藤田田氏の破天荒な人生は読み物としては面白いのですが、これを現代の普段の生活で応用するのは難しそうです。

参考になった部分は下記です。

  • 「きれいな金」「きたない金」という表現はあるが、お金を区別する意味はない
  • ユダヤ人は重要なことは、とにかくメモをとる
  • ユダヤ人は晩餐に2時間かける、食べることが人生の目的

読み進めやすいというところもいいですね。

やはり本はブログに記事を書こうと思うと、読み方がより深くなるように感じます。

これからも続けたいと思います。

ユダヤの商法(新装版) (ワニの本)

ここまでお読みいただきありがとうございました。