怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

IFRS基準って何?経理マンがアバウトに解説

IFRS基準を経理マンがアバウトに解説

IFRS基準って何?経理マンがアバウトに解説

IFRS基準って何?という方のために、経理マンがアバウトに解説します。

IFRS(国際会計基準)って聞いたことありますか?

IFRSとはInternational Financial Reporting Standardsの略語です。

本日はIFRSという言葉は聞いたことあるけど、中身は知らないという方のために、IFRSをざっくりと説明します。

なお、経理の方でIFRSを深く知りたいという欲求には答えられないと思いますので、あしからず。

①会計基準って何?

IFRSは会計基準の一つです。

日本の会社は、日本基準を採用している可能性が最も高いです。

トヨタは、米国基準というIFRSや日本基準とは別の会計基準を採用しています。

主な会計基準は3つあります。

  • 日本基準…日本の会社が採用
  • IFRS基準…ヨーロッパのスタンダード
  • 米国基準…アメリカのスタンダード

上場している会社に限定すると、全ての上場企業が3,664社あります。

そのうちIFRSを適用・適用予定の会社は212社あります。

米国基準は13社のみ、日本基準はその残りの3,439社となります。

IFRS採用基準は全体の約6%ということで、レアな企業と言えるでしょう。

ただし、今後IFRSを採用する企業は増えていくと予想されています。

 

会計基準とは、BSやPLを作る際のルールも含んでいます。

従って、売上の計上基準も含まれます。

つまり、会社が採用する会計基準によって、同じ会社でもBS/PLが異なるということです。

 

例えるなら、会計基準はスポーツのルールのようなもので、企業がそのスポーツのプレイヤーと考えてみると分かりやすいです。

同じ自動車関連メーカーでも、トヨタは米国基準、デンソーはIFRS、サンデンホールディングスは日本基準とバラバラです。

スポーツで考えると、日本基準は野球で、IFRSはソフトボールみたいなものです。

同じ球技という点では、似ている部分もありますが、細かなルールは全然違います。

 

デンソーとサンデンホールディングスというプレイヤーを比較しようとしても、プレイしているスポーツが違うので、完全には比較ができません。

デンソーがソフトボール界では名選手でも、野球の名選手と比較はできないのです。

IFRSは世界的なスタンダードと言えるので、日本の企業と海外の企業の比較を考えると、IFRSを適用した方が、海外の投資家としては比較がしやすいと言えるでしょう。

 

②どういう違いがあるか

たくさんの論点で、日本基準とIFRSは異なっています。

従って、日本基準からIFRSへの移行はけっこう大変です。

主な違いとして、下記があります。

  • IFRSには経常利益という概念がない
  • IFRSではのれんは償却しない
  • IFRSでは有給休暇引当金という概念がある

違いの細かな解説は省きますが、日本基準とIFRSの考え方の差によって、最終的なBS/PLが変わります。

IFRSマジックと呼ばれる、日本基準では費用だけど、IFRSでは費用ではないという項目もあります。

よってIFRSに移行して利益が増えました~ということもあります。

 

③日本基準は要らないのか?

最初に、今後IFRSを採用する企業は増えると書きました。

ではIFRSを採用すると、日本基準で、数字を作らなくて良いかというとそうではありません。

IFRSは適用している企業は、IFRS基準で開示(有報や短信)しますが、税金の計算は日本基準でやらないといけません。

なぜなら日本の会社が支払う税金(法人税)は、日本のルールで定められているからです。

日本の企業である限り、日本基準とは離れることはできないということです。

 

まとめ

以上が、IFRSについてのアバウトな説明になります。

全体の6%は少ないですが、今後どこまで増えていくか注目ですね。

日本も一時は強制適用という、上場会社はIFRSじゃなきゃダメですよ~となりそうだってのですが、結局、任意で変えたい会社は変更してねということになっています。

 

経理マンとしては、IFRS移行を経験している人は、転職でも評価されるのではと思います。

もちろん、IFRS移行したいですという提案を出せるという人は少ないでしょうが。

そういった希少性のある経験でもあるのが、IFRS移行です。

この記事を読んで頂いた方は、IFRSという言葉に対してちょっとだけ敏感になるかもしれません笑

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。