怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【賃貸マンション】マンションの1階に住むことのメリットとデメリットを比較してみる

 

マンションの1階に住むことのメリットとデメリット

【賃貸マンション】マンションの1階に住むことのメリットとデメリットを比較してみる

マンションの1階に住んだことのある経理マンが、1階に住むことのメリットとデメリットを紹介します。

大学生の時から一人暮らしを始めて、今に至るまで一度だけマンションの1階に住んだことがあります。

マンション自体は気に入っていて、1階しか選択肢がなかったため、選んでみましたがそんなに悪くはなかったです。 

本日はマンションの1階に住むことについての記事です。

1階には住んだことがないという方のために、書いてみます。

結論:1階に住むこととスピーディー

メリットとデメリット

メリットとしては、値段が安いということがあります。

同じマンションで広さが同じでも、1階と2階を比べると1階の方が家賃が安いというケースが有り得ます。

この要因としては、セキュリティの問題と窓からの景色が大きいのかなと思います。

セキュリティとしては泥棒に家に侵入されるリスクが高いので、その分だけ値段が安いとされています。

1階に住んでいて、幸いにも泥棒を一度も経験することはなかったです。

また、1階に住んでいると、景色が悪いというのはあります。

道路が見えるので、カーテンを閉めないと外から丸見えになってしまいます。 

個人的には、いつもカーテンなのでここは気になりませんでした。

 

その他のメリットとして、スピードがあります。

エレベーターを使う必要がないので、すぐに外に出れます。

またエレベーター自体がないというマンションもあるので、階段を登る必要がないという良さもあります。

これは低階層に限られるとは思いますが、毎日階段を使わざるを得ない生活はしんどいのではと想像します。

また、下の階がないので、音が下には響かないので、気を使う必要がないということもあります。

 

デメリットとしては、水害のリスクもあります。

台風などでの大雨によって、浸水するリスクが高いです。

今年の台風での甚大な被害を見ると、水害のリスクって本当に怖いなと感じました。 

 

反面、火事の時には、早く避難ができます。

エレベーターが使えない場合でも、1階ならすぐに避難が可能です。

これは地震の時もそうだと思います。

高ければ高いほど揺れが大きいのではないでしょうか。

避難という観点でも、地震の場合でも1階ならすぐに移動できます。 

 

自然災害というのは予測ができません。

備えあれば憂いなしとは言うものの、当然ながら限界もあります。

 

ということでまとめると

メリット

  • 家賃が安い
  • 災害時や普段からすぐに出入りができる
  • 下の階がないので、気を使う必要がない

デメリット

・防犯・景観

・水害のリスク

という感じになります。

 

賃貸という観点から考えると、1階の方が家賃が低いことがあります。

家賃は需要と供給によって、決定されると考えられるので、一般的に1階の物件の方が人気がないと言えるでしょう。

しかし、賃貸というのは予算がある以上、完璧なものはないはずです。

上で挙げたようなメリットとデメリットを考えて、自分はここの部分は許せるというポイントがあるなら、それでいいと思います。

個人的には、1階に住むのも全然いいかなと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。