怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【インフルエンザ】経理マンとインフルエンザの話

経理マンとインフルエンザの話

【インフルエンザ】経理マンとインフルエンザの話

社会人になって、3回もインフルエンザになった経理マンが語ります。

冬になると、気になるのがインフルエンザです。

私は大学生の頃には、一度もインフルエンザになったことはなかったのですが、社会人になってからは3回もインフルエンザになっています。

本日はそんな、インフルエンザの体験談を、経理マンが書いてみます。 

結論:インフルエンザに罹患したら、休むしかない

インフルエンザの思い出 

初めてインフルエンザになった時の衝撃が大きかったので、まずはその話からします。

その時は3月の初旬でした。

確か1営業日に出社して、なんかしんどいな~と思っていました。

明らかに風邪とは違う、だるさだったことを覚えています。

その日は早めに仕事を終え(定時までいましたが)、帰宅しました。

 

翌朝、やっぱりしんどかったので、病院に向かいました。

病院で熱を計ると、高熱ではなく、37度台だったような気がします。

受付の女性もそれなら、インフルエンザではなさそうかなという感じでした。

その後、医師の方の診察を受けました。

医師の方も熱からすると、インフルではなさそうだけど、一応検査しましょうと言われ、検査してみると陽性でした。

 

初めてインフルになったことの驚きと、仕事どうしようという思いで困りました。

私の場合、経理は締めがあるので、月初が一番忙しくて大変なので、やばいという思いでした。

インフルの場合、大体1週間は出社しない方が良いということなので、4日も休むことになりました。

上司にも電話し、インフルだったと伝えると、まぁ休むしかないみたいな反応でした。

結果、4日間休んで、次の週の月曜から出社しました。

一応、出社したら、色々な人にすいませんでしたと謝りました。

そして、予防接種受けてたかと訊かれ、受けてませんと答えるのが嫌でした。

仕事自体は上司・先輩や、関係部署の方にやってもらっていて、特に困ることはありませんでした。

インフルも薬を飲めば、大分楽になり、体調としては良くなりました。

 

1つだけ嫌だったのが、4日間の休みの内、2日は休日出勤(代休)分から当てられてしまったという点です。

確かに、周囲に迷惑はたくさんかけたのですが、有給もいっぱい残っているから、全部有給として使って、代休はまた後で使いたかったなと思いました。

 

後2回インフルにかかるわけですが、1回は年末になって、仕事には影響がありませんでした。

この時は病院に行かなかったので、本当にしんどかったです。

やはりインフルかなと思ったら、病院に行って、薬で回復を早める方がいいと実感しました。

 

そしてもう1回も、仕事で休みづらい時になってしまいました。

結局、少し無理をして、インフルっぽいけど仕事をしました。

結果、2日だけ会社を休みました。

この時は自分じゃないとできない仕事があったので、インフルかもと思いながら会社で仕事をしていました。

自宅でも一部仕事が出来たので、インフルと分かってからは自宅で仕事もしました。

 

リモートと仕事論

リモートワークという言葉もありますが、在宅で仕事が出来るようになったのも、インフルエンザの影響もあるのかなと思ったりします。

経理の場合、機密情報を扱うことになるので、自宅でできないケースもありますが、徐々に在宅可の流れになるでしょう。

インフルと繁忙期が重なると本当にしんどいですが、会社に行っても細菌を撒き散らすだけなので、そこは割り切って休むしかないでしょう。

こういう時ほど、自分の仕事を属人化させないことが大事だなと感じます。

それは自分に限らず、同僚や上司の仕事も可視化されていて、マニュアル整備されていることが、会社の仕事をスムーズに回すために必要なのでしょう。

まぁ会社の中で、絶対に一週間で仕上げなければならない仕事は、重要な役職でない限り無いと言えるでしょうから、インフルになったら素直に休んで、また次から頑張ればいいのかなと思います。

ただ、予防接種は受けておいた方が、かかった時のダメージが少なくなる気がするので、そこには費用を使った方がいいとは思います。

 


ブロマ インフルバリアのど飴 50g

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。