怠惰な経理マンの日常

アラサー経理マンの日常をつらつらと

【グルメ】大阪の鰻屋で約6,000円の高級ランチを食べた感想

大阪の鰻屋で約6,000円の高級ランチを食べた感想

【グルメ】大阪の鰻屋で約6,000円の高級ランチを食べた感想

ずっと行きたかった鰻のお店で鰻を食べたという話です。

夏の終わりに以前から行きたいお店であった、大阪の鰻屋というお店に行ってきた感想です。

前の記事はこちら

www.finance-accounting-value.com

 行ってきたのは、地下鉄の西中島南方駅から徒歩3分のこちらのお店です。

tabelog.com

※こちらのお店は基本的に写真等は控えてほしいということなので、社員はありません。最初の画像もこのお店のものではありません。

結論:確かに美味しかったが、1回行ったら満足

ランチで訪問

まず、このお店はスケジュールの紙に記帳して予約をするシステムとなります。

 11時、12時、13時、14時15分に10人ずつ入れます。

平日に訪問しましたが、11時前に到着しても、ちょっとだけ空きがあったよう。

 

ランチメニューは特上5,940円、上4,860円、並3,670円の3つがあったので、今回は特上をオーダー。

特上のメニューとしては、下記となります。

  • うざく
  • う巻き
  • 八幡巻
  • うな重
  • 肝吸い
  • 香の物

うざくは初めて食べましたが、鰻ときゅうりの相性もばっちりで美味しかったです。

八幡巻も初でしたが、ごぼうの歯ごたえともマッチしていました。

何といってもうな重。

大将が目の前で焼いてくれる様を見ていると、期待が否応なく高まります。

実際に食べてみると、関西風のパリッとした焼き加減の鰻の美味しさは抜群でした。

 

非常に美味しくて満足したわけですが、とりあえず1回行ったらしばらくは行かなくてもいいかなと感じました。

ただ、ランチに6,000円使うという経験はなかったので、いい経験になったなと思います。

これだけのために、大阪まで来るかと言われるとそれはNoかなと個人的には思います。 

人間の味覚って不思議だよなぁとつくづく実感します。

美味しいもの探しはまだまだ続けたいと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。