ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【残業ゼロ】残業ゼロで有名なアクシア社長のブログが、本当に面白い

【残業ゼロ】残業ゼロで有名なアクシア社長のブログが、本当に面白い

【残業ゼロ】残業ゼロで有名なアクシア社長のブログが、本当に面白い

コロナウイルスによる影響から、リモートワークを認める企業が増えていますが、出来る会社はするべきという話です。 

以前もブログで紹介していますが、残業ゼロで有名な株式会社アクシアという会社があります。

その会社の社長である米村歩氏のブログが非常に興味深いです。

今回はそのブログを紹介し、この非常事態に本当に取るべき行動について考えます。

リモートワークできる会社はすることが、少しでも感染者を減らす努力になります。

結論:リモートワークの部分は心から賛同したい

米村歩氏のブログ

アクシアの以前の記事はこちら

www.finance-accounting-value.com

リモートワークについて考えた1回目

www.finance-accounting-value.com

今回紹介する米村氏のブログはこちら

axia.co.jp

私はTwitterでも米村氏をフォローしており、オフィスを解約したというのは知っていましたが、てっきり札幌のオフィスかと思っていました。

ブログ記事をざっくり要約すると、

今までは希望者がリモートワークだったが、コロナウィルスの影響を鑑み、全員リモートワークにすることにした

それに伴いオフィスも解約することにした

そのことによって、何かあればオフィスに行けばいいがなくなった(紙や印鑑が必要ならオフィスに行かないといけない)

リモートワークは企業の社会的責任(ただしオフィスを全否定しているわけではない)

リモートワーク可能であれば、リモートワークを増やすことで感染者拡大につながるので、物理的に不可能な企業でない限りリモートワークを適用していくことが、社会への貢献である

 

こんな感じです。

そして心に残った部分をそのまま引用させて頂くと、

我々は自分達次第でリモートワークという選択を取ることができます。しかし社会のインフラを支えてくれている多くの職種の中には、物理的にリモートワークという選択を取ることができず、今のコロナのような状況でも感染のリスクを犯して出勤しなければならない人達が多数存在します。

我々のようなリモートワーク可能な職種の人間がリモートワークを行う努力もせずに出勤することは、自分達だけではなく、どうしても出勤が必要な人達の感染リスクまでも増大させてしまうことになるのではないでしょうか。

リモートワーク可能な会社の人達が出勤せずに自宅で仕事するようになれば、その分満員電車も解消されます。そうすれば、どうしても出勤しなければならない職種の人達の感染リスクを減らすことにも繋がります。

だとすれば、リモートワーク可能な会社についてはできる限りリモートワークを行えるように努力することが、その企業の社会的責任を果たすことになるのではないかと考えるようになりました。

正にその通りと、心から思いました。

リモートワーク出来る会社はそうすることが大事なのです。

これは自分の会社の否定とかではないですが、リモートワーク出来る環境なはずなのに、理由をつけてリモートワークを積極的に認めない会社があるのは理解できません。 

近くの居酒屋では、お酒を飲んで騒いでいるサラリーマンもいます。

自分さえ良ければいいのかと強く憤りを覚えます。

 

コロナ不況は間違いなく来るでしょう。

経済へのダメージは計り知れません。

そのダメージを少しでも減らすためにも、リモートワークが出来る企業はリモートワークすべきだし、社員には居酒屋などの利用も禁止する通達も出すべきです。

大阪でも4/9の感染者が92人と発表されています。

この2週間が大事なので、ゴールデンウィークは残念ですが行楽は出来ないでしょう。

それでもいち早くこの危機を乗り越えないと、とんでもないことになってしまう気しかしません。

この記事が杞憂になれば一番いいのですが。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。