ホワイトコンサル代表ブログ(怠惰な経理マンの日常)

アラサー起業した経理マンの日常をつらつらと

【オールスター】BATTLE SUMMIT バトルサミットの結果と感想まとめ(オンライン観戦)

【オールスター】BATTLE SUMMIT バトルサミットの結果と感想まとめ(オンライン観戦)

BATTLE SUMMIT

延期を経て、ついに開催となったバトルサミット(記事は都度更新しますので、まだ未完成です。

夏休みの最終日の平日に開催という珍しい形

6つの大会が集合して、1,000万円を懸けて20名が対決

  • KOK(KING of KINGS)
  • SPOTLIGHT
  • 戦極MCBATTLE
  • 真ADRENALINE
  • 凱旋MCBattle
  • COMBAT(-DEEJAY CLASH-)

ただ、メンバーとしてはその大会にしか出ないというMCは少なく、レゲエのCOMBAT以外はそこまで大きな違いはなさそう

メインとしての主催はKOK?

今回はeplusにて観戦でチケ代は5,300円くらい、ABEMAだと500円くらい安い感じだった。(ABEMAプレミアム登録必須+チケ代)

バトル前に記者会見を用意して、事前に組み合わせも運営で作り、バチバチ感の演出あり。(一番は孫GONGと呂布カルマ?)

最大の驚きはZeebraの参戦とも言えそうです。

ライブについてもアナウンスがなく、謎の部分を残した形での開催

 

最近のバトルだと、UMBのTCIYがYouTubeで無料公開

www.finance-accounting-value.com

結論:優勝はAuthority

大会概要

開催日:8/31(水)

会場:日本武道館

優勝賞金:1,000万円

出場MC:20名

司会:UZI

DJ:DJ YANATAKE

DJ peko

シークレットゲストLIVE:Awich


Queendom (DVD付)

判定はアリーナ席の観客の赤と青のサイリウム判定

20名という中途半端な数字で、まず10回試合をするという形(事前に組み合わせを発表する都合?)

1回戦-10試合(8×3)

DJ YANATAKEが3試合担当

1. ベル vs ◯RYKEY DADDY DIRTY(ビート:ICE BAHN / LOYALTY)

2. ◯JUMBO MAATCH vs CORN HEAD(ビート:Zeebra / Street Dreams)

3. MU-TON vs ◯がーどまん(ビート:MC漢 / 紫煙)

※試合後の握手を拒否するMU-TON

 

ここからpekoが担当

4. CHEHON vs ◯MOL53(ビート:晋平太 / CHECK YOUR MIC)

5. 孫GONG vs ◯呂布カルマ(ビート:キングギドラ / 公開処刑)

6. 釈迦坊主 vs ◯Authority(ビート:T-STONE / For Real)

 

ここからYANATAKEが担当

7. ID vs SIMON JAP(ビート:AKLO / RGTO)

➡【延長】SIMON JAP vs ◯ID(ビート:SHINJI-coo-K / Bring It On Fighter)

8. DOTAMA vs 梵頭(ビート:韻踏合組合 / マラドーナ)

➡【延長】梵頭 vs ◯DOTAMA

9. 晋平太 vs ◯CHICO CARLITO(ビート:DJ IZOH / So What)

10. 漢 a.k.a. GAMI vs ◯Zeebra(ビート:般若 / あの頃じゃねえ)

 

シード戦-2試合

DJはpeko

1. JUMBO MAATCH vs ◯がーどまん(ビート:梅田サイファー / マジでハイ)

2. ◯DOTAMA vs CHICO CARLITO(ビート:Tyler Stone / Stay Gold)

※UMB2015の決勝以来?、今回はDOTAMAが勝利も判定に驚いた両者

www.finance-accounting-value.com

 

ベスト8-4試合

DJはYANATAKEとpecoが2試合ずつ

1. ◯がーどまん vs RYKEY DADDY DIRTY(ビート:LIBRO STAGE、KOK2021決勝ビート)

2. 呂布カルマ vs ◯MOL53(ビート:DJ Kensaw / Owl Nite)

 

3. ID vs ◯Authority(ビート:志人 / 禁断の惑星)

4. ◯Zeebra vs DOTAMA(ビート:hokuto / オリジナルビート)

 

準決勝(8×3、ビート選択)

1. がーどまん vs ◯MOL53(DJはpeko、ビート:韻踏合組合 / 一網打尽)

※判定時にお互いを煽り合う両者

2. Zeebra vs ◯Authority(DJはYANATAKE、ビート:ZORN / Rep)

 

決勝(8×4 or 16×2、ビートも選択)

MOL53 vs ◯Authority(16×2、DJはpeko、ビート:韻踏合組合 / Street Survivors)

優勝はAuthority!


22 Space [Explicit]

KOK2019以来の対決?

www.finance-accounting-value.com

 

感想

Authorityは久々にらしさが戻っていて、手が付けられないという感じでした。

決勝は僅差でしたが、後攻でキレイに落とした分だけ差がついたのかなと思います。

KOKのリベンジも達成し、見事に優勝し1,000万円。

他にもZeebraも最強のフレーズばかりでかなり強かったです。(もしかしたらまたバトル出るかもという感じだった)

そんなZeebraも倒したのがAuthority。

決勝の呼び込みの際にはUZIがMOL53と呼ぶところをがーどまんと言ってしまうハプニングも。

バトル結果もサプライズが多い大会だったと思います。

ただ、出場MCの方向性や大会の位置づけは難しかったかなという感じでした。

もちろん面白い大会だったのは間違いなく、第2回も見たいなと思える大会でした。


ジブラの日本語ラップメソッド

 

大会としての告知は3つ

まずはRed Bull 韻 Da Houseが11月に本戦開催。

10/1にKOK×真ADRENALINEがあるようです。

そしてFSL(フリースタイルリーグ)も今後開催するらしい(T-Pablow vs R指定)

※他の大会の結果はこちらから飛べます。

www.finance-accounting-value.com

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。